ニュース
» 2004年02月10日 20時47分 UPDATE

シャープ、パーソナルサーバー「ガリレオ」の第2弾を発表

シャープは、HDDレコーダー機能を持つパーソナルサーバー“ガリレオ”を強化した第2弾「HG-02S」を発表した。価格はオープンプライス(想定実売価格10万円前後)で、2月20日発売予定。

[ITmedia]

 シャープは、家庭内ネットワークの核としてPCやTVなどをつなぐHDDレコーダー機能を持つサーバー“ガリレオ”の第2弾「HG-02S」を発表した。価格はオープンプライス(想定実売価格10万円前後)で、2月20日発売予定。

photo 本体サイズは342(幅)×260(奥行き)×85(高さ)ミリ、重量は約3.4キロ。インタフェースは、WAN/LAN側それぞれが100BASE-TX、PCカードType II、USB1.1×1などを装備。映像・音声は、コンポジットとS映像の入出力が各1系統用意されている

 昨年発表された初代“ガリレオ”からの主な強化ポイントは3点ある。まず、HDDが120Gバイトから160Gバイトに大容量化された。これにより、長時間モード(2Mbps)なら最長155時間録画が可能となった。録画モードは従来と変わらず、MPEG2は2Mbps(長時間)/4Mbps(標準)/8Mbps(高画質)の3種類。EPGは、ADAMS-EPG+を採用している。

 また、無線LANアクセスポイント機能をIEEE802.11bからIEEE802.11b/gに強化した。これにより、従来はストリーミング伝送が不可能だった「高画質モード」の映像(8Mbps)も無線LAN経由で視聴できるようになった。なお、LAN内で同時に接続できるPCの数は2台まで。ワイヤレス部のセキュリティは、64/128/152ビットWEPにくわえ、WPA、Any接続拒否機能などをサポートしている。

 3点めは、ザウルス用のガリレオ接続ソフト「Media Palette for Zaurus」を新たに搭載したことだ。これにより、外出先からでも、インターネット経由でガリレオに接続し、MPEG4録画した動画をダウンロードしたり、公開中のアルバムに対する写真の投稿や閲覧が可能になる。対応するザウルスは、「SL-C860/C760/C750」の3モデルだ。

photo

 このほか、ファイル共有機能の「メディアコンテナ」、最大5つのホームページを公開可能なWebサーバ機能、デジタルカメラなどで撮影した画像を登録し、Webに公開できる「アルバム機能」、カメラ付き携帯電話で撮影した写真を公開する「投稿アルバム機能」などを搭載している。

 なお、固定IPアドレスのない環境で外部からガリレオにアクセスするときには、シャープスペースタウンが無料で提供しているダイナミックDNSサービスを利用できる。利用時には、ユーザー登録およびシャープスペースタウンの情報サービス会員への入会(いずれも無料)が必要だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう