レビュー
» 2004年03月15日 05時19分 UPDATE

レビュー:東芝「D-VR1」DVDレコーダーの多機能さも魅力のVHS一体型 (1/2)

「D-VR1」は、“DVDレコーダー御三家”の一角である東芝のVHS一体型DVDレコーダー。リモコンの工夫など、良い意味で2台分の機能を1つにまとめた印象を受けるが、VHS側とDVD側で画面表示に大きな落差がある点は他社製品と同様だ

[坪山博貴,ITmedia]

 「D-VR1」は、“DVDレコーダー御三家”の一角である東芝のVHS一体型DVDレコーダーだ。ベースとなったのはDVDレコーダー「D-R1」で、これにVHSレコーダーを一体化した製品といえる。S-VHSの簡易再生をサポートや、地上波ダブルチューナーによる2番組同時録画など、VHS一体型DVDレコーダーの特徴となる機能は、しっかり抑えている。

photo RDシリーズほどスタイリッシュではないが、丸い操作ボタンは共通のイメージ。どちらかといえばAV機器というよりはVHSビデオデッキのような印象だ
photo カートリッジタイプのDVD-RAMもサポート。トレイはほぼフルオープンするためカートリッジの出し入れも容易だ

 まず、DVDレコーダー部は、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAMの3メディアに対応している。ただし、DVD-RWへの録画はDVDビデオフォーマットのみで、コピーワンス番組などの録画はDVD-RAMのみとなる点には注意(DVD-RWでVRフォーマットで録画されたメディアも再生は可能)。DVD-RAMは、扱いやすいカートリッジタイプもサポートしている。

 D-VR1は、良い意味で2台分の機能をまとめた印象を受ける。本体の操作系は完全にシンメトリーになっており、レイアウトやデザインが統一された操作ボタンがVHS部とDVD部で個別に配置され、中央部のディスプレイも左半分がVHS、右半分がDVD用とそれぞれ表示される。本体部での操作がどれだけ必要かという点には疑問も残るが、少なくとも本体での操作ミスは起きにくいだろう。

photo 左右にVHS部、DVD部それぞれの操作ボタンを備える。中央のディスプレイ部はVHS部、DVD部の情報を別々に表示するため横長になっている

 これに対して、“ちょっと残念かな?”と思えるのが、本体操作ではテレビへの出力を切り替えられない点だ。たとえば、VHSを表示中に、DVDメディアをセットして再生しようとしたとき。再生ボタンを押すところまでは本体操作で行えるのだが、テレビ画面にDVDを表示させるにはリモコン操作がいるのだ。

 リモコンは、RDシリーズでお馴染みのDVDレコーダー用をベースにしたもの。VHSとDVD、それぞれの操作に同じボタンを利用するため、DVD専用のボタンはオレンジ、またVHSでも利用できるボタンは黒で表記し、色の違いで混乱を防いでいる。

photo リモコンはRDシリーズとほぼ共通のデザインで、中央の大きな4方向キーの周囲に「早見」「早戻し」「スロー再生」など特殊再生用のキーを円周上に配置する独特のデザインだ。VHSとDVDの機能は色の違いで表記している

 リモコン操作の切り換えは側面のスライドスイッチなので、どちらがリモコンでの操作対象になのかはすぐわかる。ただし、画面表示の切り換えは別のため、誤操作には注意が必要だ。この点はビクター「DR-MV1」とは対照的で、操作の自由度の高さとのトレードオフになっているといえるだろう。

 予約録画は充実している。DVD部は最大32番組/2カ月、VHS部は最大16番組/1カ月と設定可能な件数は多い。VHS部では最近の録画予約最大20件を記憶しており、これを呼出して予約録画を設定することも可能だ。Gコードでの予約はリモコン側に液晶ディスプレイがあり、手元で入力して本体に向けて転送と使いやすい。

photo 下部のカバーを開けると液晶ディスプレイ付きの10キーが登場し、Gコードの入力が行える。録画画質の切換えもこのカバーの中だ

 DVD部は、深夜番組の予約で「25時」「26時」といった形式で入力できるのが便利だ。30時59分までは、翌日の早朝の時間に自動変換してくれる。実際、放映時間はこのように表記されることも珍しくない。また、予約情報を残したまま一時的に録画をON/OFFすることもできるため、毎週録画に設定しているものの、今週は番組が休止といった場合にも対応できる。

photo DVDの録画予約画面。このように25:00〜27:00と設定すると、自動的に翌日の1:00〜3:00に変換される
photo こちらはVHSの録画予約画面。ごく一般的なビデオのインタフェースだ

 なお、DVD部は予約録画用にスタンバイさせるという概念がなく、録画可能なメディアさえセットされていれば、予約録画が実行される。この点は、上書き録画が発生しないDVDのメリットを生かしているといえるだろう。

自由度が高いDVDの画質設定

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.