ニュース
» 2004年04月05日 19時17分 UPDATE

コピーワンス放送本格化、各社レコーダーの対応度 (1/2)

4月5日、BSデジタル放送と地上デジタル放送の番組がすべてコピーワンスとなり、デジタルレコーダーとメディアが対応していなければ録画できないことになった。もともと、既存のハイブリッドレコーダーは、一部を除きハイビジョン録画はできないが、画質は別にしても“録れる”と“録れない”では大違い。そこで今回は、各社のレコーダー対応状況をまとめてみた。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 4月5日、BSデジタル放送と地上デジタル放送の番組がすべてコピーワンスとなり、デジタルレコーダーでは、録画機とメディアが対応していなければ録画できないことになった。もともと、既存のハイブリッドレコーダーは、一部を除きハイビジョン録画はできないが、画質は別にしても“録れる”と“録れない”では大違い。そこで今回は、各社のレコーダー対応状況をまとめてみた。

 その前に、コピーワンスの仕組みを簡単におさらいしておきたい。コピーワンス番組には、「一回だけ録画可能」という制御信号が付加されるため、対応メディアに一回だけ録画することができる。DVDメディアなら、CPRM対応のDVD-RAMもしくはDVD-RW(VRモード)を使う。安価なメディアとして広く流通しているDVD-R、あるいはDVD+R/+RWに録画することは今のところできない。

 HDD録画の場合も、録画は1回だけだ。ただし、HDD録画した番組をDVDにダビングしながら元データを消していく“ムーブ”機能があれば、DVDメディアで保存できる。ハイブリッド型のレコーダーなら欲しい機能だろう。

初代機以外は対応、パイオニア

 パイオニアでは、既存モデルのうち“HDD搭載機”は、すべてHDDへの録画とムーブに対応している。DVDへの直接録画も「DVR-1000」以外はサポート。つまり、コピーワンス信号付加の放送を録画できないのは、4年前に登場したDVDレコーダーの初代機だけとなる。

型番 HDD録画 DVD直接録画 ムーブ
DVR-710H
DVR-610H-S
DVR-515H-S
DVR-510H-S
DVR-310-S
DVR-99H
DVR-77H
DVR-55
DVR-3000
DVR-7000
DVR-1000 ×

初代機も対応、東芝

 東芝の場合、初代機からすべてのモデルでコピーワンス番組の録画に対応。ハイブリッド型はムーブまでをカバーしている。DVD単体レコーダーとVHS一体型は、DVD-RAMへの直接録画が可能だ。また、最上位モデルの「RD-X4」は、-RW(VRモード)での録画もサポートした(拡張キットが必要)。

 なお、詳細な情報が「RD-Style」に掲載されている。

型番 HDD録画 DVD直接録画 ムーブ
RD-X4
RD-XS41
RD-XS35
RD-XS32
D-VR1
D-R1
RD-X3
RD-XS40
RD-XS31
RD-XS30
RD-X2
RD-X1
RD-2000

松下電器産業

 松下電器産業も東芝と同様だ。DVDレコーダーの初代機「DMR-E10」以降、すべての機種がコピーワンス番組の録画に対応。ハイブリッド型はムーブをカバーしている。

型番 HDD録画 DVD直接録画 ムーブ
DMR-E200H
DMR-E150V
DMR-E95H
DMR-E85H
DMR-E75V
DMR-E55
DMR-E100H
DMR-E90H
DMR-E80H
DMR-E50
DMR-E55
DMR-E60
DMR-E70V
DMR-HS2
DMR-HS1
DMR-E10

機種によって差があるソニー

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.