ニュース
» 2004年05月19日 12時11分 UPDATE

Any Musicスタート記念イベントAny Music対応機が勢ぞろい――各社の“ウリ”は?

5月20日のサービス開始にあわせて発売されるAny Musicサービス対応機は、パイオニア、シャープ、ケンウッド、ソニーの4機種。4機種は共同開発されたとのことで、機能やスペック(4製品ともHDDは40Gバイト)など共通点も多いが、各社ならではの特徴も見受けられる

[渡邊宏,ITmedia]

 5月20日のサービス開始にあわせて発売されるAny Musicサービス対応機は4機種。発売メーカーはパイオニア、シャープ、ケンウッド、ソニーの4社だ。4機種は共同開発されたとのことで、機能やスペック(4製品ともHDDは40Gバイト)など共通点も多いが、各社ならではの特徴も見受けられる。

photo パイオニアの「AM1」

 「ターゲットを30半ばから40代とし、落ち着いたデザインと音質が特徴」(同社)とのこと。ディスプレイも付属する。

photo

 本体右の青く光るボタンが「Any Music」ボタン。ボタンを押すとAny Music利用モードに切り替わる

photo シャープの「SD-AN1-S」

 2.8MHz 1Bitアンプが特徴。ディスプレイは付属しないので、手持ちのTVなどを利用する必要がある。

photo

 SD-AN1-Sに付属するリモコン。キーレイアウトなども含め、デザインは4機種ともほぼ共通

photo ケンウッドの「NZ-07」

 脚部にスパイクが取り付けられており、HDDやCDプレイヤーから発生する振動がアンプへ与える影響を低減する。

photo

 NZ-07のスパイク

photo ソニーの「NAS-A1」

 フルデジタルアンプ「S-master」を搭載し、ダウンロードした音楽もCDの音楽もクリアに再生する。スピーカーも新設計

photo

 NAS-S1の背面。オプションのディスプレイはAV端子もしくはS端子で接続する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.