ニュース
» 2004年07月13日 00時44分 UPDATE

“通訳アホウドリ”に「トロもいっしょ」――PSPのイケてるソフト (1/2)

PS3ネタで盛り上がった「PlayStation Meeting 2004」だが、本来は次世代携帯型ゲーム機「PSP」の国内お披露目がメイン。ハードの紹介で目新しいトピックスはなかったが、PSP対応ソフトで異色の“実用ソフト”が登場した。癒し系トロのPSP版最新情報も。

[西坂真人,ITmedia]

 “次世代プレイステーション(PS3)のタイムスケジュール発表”(別記事参照)という久夛良木健ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)社長のリップサービスもあった「PlayStation Meeting 2004」だが、「次世代携帯型ゲーム機の国内お披露目」がテーマだった今回のカンファレンスの主役はもちろん「PSP」だ。

photo PlayStation Meeting 2004の主役は、国内初披露の次世代携帯型ゲーム機「PSP」

 もっとも、PSPのハードスペックは、メインメモリーが8Mバイトから32Mバイトに増えた以外は既発表内容から大きな仕様変更はない(PSPの外観などは別記事「写真で見るPSP」を参照)。

photo PSPの基本仕様

 そんなイベントの中で、来場者からもっともドヨメキ(と笑い)が起こったのが、SCE第2制作部A&R課の山本吉輝氏が披露した「PSPで思いついた面白いソフト」だ。

photo SCE第2制作部A&R課の山本吉輝氏

 冒頭、「昨年イタリア旅行に行ったら、隣りにイタリア人のカワイイ娘が座った。声をかけたかったけど、結局言わずに帰ってきた」と、かなりボークぎみの変化球から入ってきた山本氏。「その経験を生かして考えたPSPソフトがこれ」といって彼が紹介したのが「TALK MAN」だ。

をいをい、鳥が寝てるぞ…… TALK MANのオープンニング画面

 世界中の誰とでも気軽に会話できることを狙ったという、いわゆるPSPを「携帯型通訳機」にしてしまおうというソフト。ただし、単なる通訳機ではなく、PSPならではのエンタテインメント性の高い通訳ソフトに仕上がっているという。

 寝転んでいる馬場のぼる風アホウドリ(?)に似たブルーの鳥“マックス”にPSP内蔵の音声マイクを使って「よう!マックス、調子はどうだい」というと「今日は調子がいいぜ」とAI機能を生かしてユーザーと実際の会話を交わす対話形式が特徴。

mn_psp4a.jpg

 「今晩泊まれますか?」「部屋のタイプは?」などベーシックな旅行英会話の通訳デモでは、日英/英日どちらのパターンでも音声入力から1秒もかからずに通訳される様子に会場からは「ほー」と感心の声と拍手の嵐が巻き起こった。

「はぁ?」 たまに聞き取れないと「はぁ?」と表情まで演出する仕掛けはPSPならでは
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.