ニュース
» 2004年07月20日 08時42分 UPDATE

シリコンオーディオ販売ランキング(2004年7月5日〜7月11日)発売前ながらもiPod Miniが首位に

発売前ながらもiPod Miniが首位にランクイン。今年2月の発表から待つこと5カ月、待ちに待ったユーザーの反応は大きかったようだ。

[渡邊宏,ITmedia]
順位 前回 メーカー名 型番 発売年月日 標準価格
1  - APPLE IPOD MINI 2004/7/24 オープン
2  2 APPLE M9460J/A 2004/1/7 オープン
3  1 APPLE M9244J/A 2003/9/13 オープン
4  51 ソニー NW-HD1 2004/7/10 オープン
5  4 IRIVER IFP-890 2004/5/1 オープン
6  5 APPLE M9245J/A 2003/9/13 オープン
7  3 ソニー VGF-AP1 2004/6/5 オープン
8  6 RIO JAPAN RIO SU30 256 2003/5/1 オープン
9  7 シーグランド XB400-256MB 2004/1/31 オープン
10  8 シーグランド XB400-128MB 2004/1/31 オープン

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています

 今週は激動のランキングとなった。GfK Japanが全国量販店のPOSデータから集計した7月5日〜7月11日のシリコン(HDD)オーディオプレーヤー売れ筋ランキングによると、1位は発売前ながらもアップルのiPod Mini。10日に発売開始されたソニーのHDDウォークマン「NW-HD1」も4位に食い込んだ。

 このランキングは発売前の予約もデータとして使用しているので、発売前の機種がランクインするという事態も起こりうるのだが、アップルがiPod Miniの発売日を発表したのは7月7日。7月5日〜11日というランキング集計期間を考えると、実質5日間での予約数だけでトップに躍り出たことになる。

 このiPod Mini、米国では今年2月から販売開始され、日本国内でも4月から販売が開始される予定であったが、生産が間に合わないということで延期されていた。期待していたユーザーからすると待ちに待った登場と言えそう。その“飢餓感”が大量の予約に結びついたか?

 また、7月10日に販売が開始されたソニーのHDDウォークマン「NW-HD1」がランクインしたのも今回のトピック。予約段階の先週までは51位とふるわなかったが、店頭に並ぶようになってからは4位にジャンプアップ。

 iPod Miniは良くも悪くも「小型iPod」で、既存iPodを知るユーザーからすれば製品としての想像がしやすい。そのため発売前でもある意味“安心”して予約できたと考えられるが、NW-HD1は完全な新製品。店頭で実際にユーザーが手にできるタイミングとなってからランキングを伸ばしたものと考えられる。

 その他のランキングに大きな変動はなし。先週に引き続きアイリバー・IFP-890やRIO JAPAN・SU-30、シーグランド・XB400-128/256MBが安定した人気を誇っている。ソニーのVAIO Pocket(VGF-AP1)が3位から7位に後退したのはNW-HD1の影響か。

 ポータブルオーディオという製品は、実際に手に取ってみないとなかなかモノとしての感覚がつかめない。スイッチの配置、質感、操作感覚などは店頭で試してみないことには自分が常に携帯するものとしてシックリくるのか分からないものだ。

 店頭に並び始めてランキングを上げてきたNW-HD1と、予約だけでもランキングトップとなったが店頭に並ぶのはこれからのiPod Mini。実際に手に取ったとき、アナタはどちらを選ぶ?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.