ニュース
» 2004年09月30日 18時14分 UPDATE

SME「レーベルゲートCD」が終了へ

CCCDの「弾力的な運用」を表明していたエイベックスに続き、SMEはレーベルゲートCDを廃止する。「ユーザーが求めるあるべき姿」を慎重に議論した結果としている。

[ITmedia]

 ソニー・ミュージックエンタテインメントは9月30日、コピーコントロールCD「レーベルゲートCD」仕様での新譜販売を11月でやめると発表した。

 10月発売タイトルから段階的に終了し、11月17日以降発売の新譜はすべて一般のCD-DAとしてリリースする。

 レーベルゲートCDは2002年11月に導入。「音楽の著作権保護とその重要性を訴える」などとして導入したが、現在は「導入前に比べると、著作権保護に対して多くのユーザーの意識が高まり、一時の混乱期を脱したと判断」。「音楽ユーザーが求める音楽パッケージのあるべき姿」について慎重に議論し、レーベルゲートCDの終了を決めたとしている。

 今後も著作権保護に対する啓もう活動を積極的に進めるとともに、著作隣接権侵害行為などについては「これまで以上に断固たる姿勢」で監視・警告・法的措置をとるとしている。

 CCCDをめぐっては、エイベックスが弾力的な運用を行っていくと表明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.