レビュー
» 2004年11月25日 16時16分 UPDATE

レビュー:5.1chサラウンドシステム特集ワイヤレスで快適な“ホームシアター第一歩”――パイオニア「HTP-S2」 (1/4)

人気の“5万円以下の5.1chサラウンドシステム”のレビュー連載がスタート。第1回はリアスピーカーに無線伝送を採用して設置の自由度を高めたパイオニアのワイアレスシアター「HTP-S2」を取り上げる。

[浅井研二,ITmedia]

 “ホームシアターの時代がやってきた”――。

 そんな言葉をよく耳にするが、導入しているのはごく一部の層にすぎないというのが現実だろう。DVDプレーヤーやデジタル放送チューナーなど、再生側の機器は持っていても、フロントプロジェクターや本格的なスピーカーを何本も組み合わせたサラウンドシステム、それをドライブするためのAVアンプと、出力側の敷居が高そうに感じられるのは、やむをえないのかもしれない。

 さまざまな情報ソースで、何百万円もするプロジェクターや、何十万円もするAVアンプやスピーカーシステムが、ごく当たり前のように喧伝されているのも、その要因の1つだろう。

 しかし、実際のところは、各メーカーでは低価格帯の製品も提供している。一般への普及に取り組むなら、こうした入門機の存在が不可欠だからだ。実をいうと当初は「10万円以下の5.1chサラウンドシステム」というくくりで、マルチチャンネル対応アンプとスピーカー6本をセットにした製品を取り上げようと企画していた。しかし、調べてみると、5万円以下の価格帯が賑わいを見せている。

 そこで今回は、「5万円以下の5.1chサラウンドシステム」を6〜8製品ほど取り上げることにした。レビュー機は、最近(古くても今年)発売された製品のみに絞っている。

 ここまで安いと、機能や品質に疑念を抱いてしまうが、リストアップした製品はすべて、ドルビーデジタルやDTSはもちろん、MPEG-2 AACのデコードにも対応している。中にはワイヤレス(リア)スピーカーを採用した製品や、木目調に仕上げられたスピーカーもある。音の程度は聴いてみないと不明だが、少なくとも機能面では、サラウンド入門者にとって、満足のいく内容が揃っているといえそうだ。


 レビュー連載の第1回目に紹介するのは、パイオニアのワイアレスシアター「HTP-S2」。この製品ではサラウンドチャンネル、つまりリアスピーカーに無線伝送を採用しており、スピーカーケーブルを接続しなくてよい。

photo パイオニア「HTP-S2」。アンプ、フロントスピーカー2本、センタースピーカー、サブウーファー、および、リアスピーカーユニットとワイヤレストランスミッターで構成される。外箱は1つにまとまっている

 とはいえ、当然ながら、電源を供給してやる必要はあるので、完全にセッティングフリーとは言えない。ただし、ワイヤレスモードを切り替えれば、単なるワイヤレスステレオスピーカーとして利用可能だ。ふだんはリビングのリアスピーカーとして使い、料理の際にはキッチンへ持っていってBGMを流す、という使い方ができるのは面白い。

photo 小型アンテナを装備したワイヤレストランスミッター。受信状況に応じて、4つのチャンネルに切り替えられる

 製品の構成は、アンプ、フロント左/右(以下、L/R)、センター(以下、C)、サブウーファー(以下、SW)、そして、リアスピーカーユニット、および、ワイヤレストランスミッターとなる。L/RとCは密閉式ブックシェルフ型、SWはバスレフ式フロア型で、ともに防磁設計。また、SWはパワードスピーカーではないので、電源は必要なく、L/RやCと同じく、スピーカーケーブルのみを接続すればよい。

photo サブウーファーは前面(写真左)にバスレフ、背面(写真右)にスピーカーユニットが取り付けられている
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう