レビュー
» 2004年11月29日 13時00分 UPDATE

レビュー:5.1chサラウンドシステム特集“ミニチュア的な愛らしさ”に本格仕様――デノン「DHT-M330」 (1/3)

レビュー連載第2回目に紹介するデノンのホームシアターシステム「DHT-M330」は、オーソドックスながら価格以上の満足感を得られる仕上がり。DVDをテレビの内蔵スピーカーで楽しんでいるという人は、一考の価値あり。

[浅井研二,ITmedia]

 市場を賑わしている“5万円以下の5.1chサラウンドシステム”のレビュー連載。初回のパイオニア「HTP-S2」に続いては、デノンのホームシアターシステム「DHT-M330」を取り上げよう。「HTP-S2」ではリアスピーカーのワイヤレス化というギミックが目を引いたが、「DHT-M330」は非常にオーソドックスな構成だ。

photo オーソドックスな構成のデノン「DHT-M330」。今回試用したのは木目タイプだが、シルバーもある

 箱を開けると、まったく同じ4本のスピーカー(フロントL/R、リアL/R)と、横型のセンタースピーカー、サブウーファー、そしてアンプが入っている。サブウーファーこそ意外に本格的なサイズだが、ほかは当然ながらすべて小型。ウッドキャビネットの質感を活かした木目(シルバータイプもあり)は、決して格調高くはないが、ミニチュア的な愛くるしさを醸し出す。

 特にセンタースピーカーはサランネットを外すと、小さいながらもフルレンジ×2+トゥイーターの3ユニットが並び、なんともいえない印象だ(要は、かわいい……)。ほかは2ウェイながら、なかなかの面構え。こうなると、サランネットを外して置きたいと思う人も多いだろう。スピーカーの形状は、完全な直方体ではなく、側面に膨らみがつけられている。このカーブフォームは、音質に影響を及ぼす定在波を減少させる効果も持たせているという。また、すべて防磁タイプになっている。

photo フロント、リア共通のスピーカー。サランネットを外すと、2ウェイスピーカーが露わに。見栄えもいいので、外して使いたくなる。背面には壁掛けフックが最初から装着されている

 フロント/リアスピーカーの設置については、背面の壁掛け用フックが利用できるほか、別売で床置きスタンド、天井吊りブラケットが用意されている(フロント用テレビサイドブラケットもあり)。また、センタースピーカー用の台座は、標準で付属している。床や棚に置く際に、上向きや下向きに調整可能だ。単純な構造だが、スピーカーに触れる上面、および底面にはコルクパッドもつけられており、細かい配慮が感じられる。

photo 3ウェイスピーカーのセンター。台座はシンプルなものだが、前後逆に置くことで、上向きにしたり、下向きにしたりできる。センターもカーブフォームだ

 スピーカーケーブルはパイオニア「HTP-S2」と同じく、アンプ側がコネクタ、スピーカー側がバラ。ただ、長さがちょっと違う。「HTP-S2」ではフロント、センターともに5メートル程度(リアはワイヤレス)とかなり余裕があったのに対し、この製品ではフロントセンターは3メートルとやや短く、逆にリアは10メートルとかなり長い。そのため、アンプをフロントやセンターとの並びではなく、リスニングポイントの横のラックに置くといった変則的な設置では、少し苦労するかもしれない。

 接続方法も同様で、スピーカー側のラベルとケーブルのラベルのカラーを合わせればいい(+/−はラベルが巻かれたほうが赤)。ただ、フロント、リアの4本はどれをどこに使ってもいいので、スピーカーの裏側に記されたFL/FR/SL/SRのカラー対応を確認しつつ自分で判断する。

photo スピーカー端子は「HTP-S2」と同じく、アンプ側はコネクタタイプ。カラーを合わせて接続していく。排熱口は上面のほかに背面にもあるが、ファンはない
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.