ニュース
» 2004年12月24日 13時08分 UPDATE

ビクター、BD/DVDの3層コンビネーションROMディスクの開発に成功

BD単層/DVD2層による3層構造で、総容量は33.5Gバイト。HD映像はBD、SD映像はDVDというデュアルパッケージソフトを実現可能にする。

[ITmedia]

 日本ビクターは、Blu-ray Disc(単層)とDVD(2層)の3層構造となるBD/DVDコンビネーションROMディスク技術を開発したと発表した。総容量は33.5Gバイトにのぼるほか、1枚のディスクで「大画面TVではBD映像、個室/ポータブル機器ではSD映像を楽しむ」「当面はDVDとして利用し、BD機器購入後にはBDディスクとして利用する」という使い方を実現可能にする。

photo BD/DVDコンビネーションROMディスク(試作品)

 このディスクは表面(読み取り面)に近い部分にBD層(単層・25Gバイト)、内部にDVD層(2層 8.5Gバイト)を設けた片面読み取り3層構造。表面層には同社が開発した「BD用レーザーは反射するが、DVD用レーザーは透過する」という特性を持つ反射膜を配し、波長の異なる2つのレーザーに対応するディスクを実現した。

photo 構成断面図

 製造については、BD層とDVD層の片面を2面成形することで、現在の再生専用BDディスクと同程度の生産性を実現する見通し。

 同社では、本技術の実用化に向けてBDA(Blu-ray Disc Association)への規格提案を行っていくほか、BDを2層にした58.5Gバイトという大容量(BD2層 50Gバイト+DVD2層 8.5Gバイト)コンビネーションディスクの開発を目指すとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.