レビュー
» 2004年12月27日 16時56分 UPDATE

レビュー:ちょっと太めのiPod Mini? イチキュッパのHDDプレーヤー「HDMP300/HD4」 (1/3)

エバーグリーンから発売された“イチキュッパ”のHDD搭載ポータブルプレーヤー「EVERGREEN HDMP300/HD4」。価格ばかりに目がいくが、その機能はどれほどのものだろうか。

[渡邊宏,ITmedia]

 エバーグリーンがいろいろ(生ペグ対応ポータブルDVDプレーヤー4000円を切るノイズキャンセリングヘッドフォン)とユニークな製品を販売する直販サイト「上海問屋」で、販売しているHDD搭載の小型ポータブルプレーヤーが「EVERGREEN HDMP300/HD4」だ。

 「1インチ/4GバイトのHDDを搭載しながら1万9800円」という低価格ばかりに目がいきがちだが、CDプレーヤーなどのAV機器から直接録音するダイレクトレコーディング機能なども備えており、なかなか興味深いHDDプレーヤーだ。この製品の機能や使い勝手を、レビューを通じて探ってみた。

ちょっと太めのiPod Mini?

 まずは外観のチェックから。

photo EVERGREEN HDMP300/HD4

 本体は91(高さ)×57(幅)×17(厚さ)ミリ・90グラムという手のひらサイズ。前面に、ELバックライト搭載の液晶ディスプレイ(128×64ピクセル)を搭載しており認識性も高い。電源にはリチウムイオンバッテリーが採用されており、約3時間の充電で約9時間の連続使用が可能となっている。搭載されているHDD(1インチ)の容量は4Gバイト。

photo 右側面(上)と左側面。
photo 上部にはヘッドフォン端子、AC入力端子、USB端子、マイクが並ぶ

 操作インタフェースは液晶下部に集中している。ひし形の操作ボタンの上から時計回りに「音量UP/上スクロール」「早送り」「音量DOWN/下スクロール」「早戻し」が配置され、中央には決定ボタンが設けられている。ひし形ボタンの下にある大きな2つのボタンには「再生/一時停止/停止」(左)、「メニュー呼び出し」(右)が割り当てられてる。

photo 操作ボタン。左下の「再生/一時停止/停止」ボタンは長押しすることで、電源スイッチも兼ねる
photo ひし形の操作ボタンは一段浮き上がった形で備えられている

 各キーはしっかりとした押し込まないと反応しないため、ポケットの中などでうっかり触れてしまっても誤動作する心配はないのだが、操作ロックのスイッチがハードウェアとして備えられていないのは、やはり少々不安だ(メニュー画面から“キーロック”を選択することで、ソフト的に操作キーをロックすることはできる)。

photo メインメニューに「キーロック」の項目が用意されている。ロックするにはこの項目を選択するだけでいいが、解除については「再生/一時停止/停止」ボタン→「メニュー呼び出し」ボタン→「再生/一時停止/停止」ボタンという3ステップを踏むことが必要

 HDD容量や本体サイズからいえばiPod Miniと同クラスに属する製品だが、手にしてみると本製品の方が一回り大きく感じる。iPod Miniのサイズは91.4(高さ)×50.8(幅)× 12.7(厚さ)ミリなので、高さはほぼ同じで、幅が約6ミリ、厚さが約5ミリ違うだけなのだが、この“厚さ5ミリ”が持ったときに与える印象を変えているようだ。

 液晶自体はほぼ同サイズなのだが、解像度がiPod Miniに比べて低いために(iPod Miniは138×111ピクセル、本製品は128×64ピクセル)、どうしても文字や絵が雑に見えてしまうのは残念だ。

photo iPod Miniとの大きさ比較
photo 最も異なるのが厚さで、iPod Miniが12.7ミリであるのに対して本製品は17ミリ。
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.