ニュース
» 2005年01月09日 11時33分 UPDATE

2005 International CES:CESで話題の各社“大画面”をみてみる (1/2)

今年のCESで各社が力を入れて展示しているのが、さまざまな方式の大画面テレビ。各メーカーのブースから“話題の大画面”をピックアップしてみた。

[渡邊宏,ITmedia]

 大型テレビの展示が目立つ今年のCES。Samsungのような世界最大PDPというような製品はないとしても、各社が力を入れて展示している製品ジャンルだ。各社ブースから「大画面テレビ」をピックアップしてみた。

55インチプラズマを投入するヤマハ

 ヤマハブースには、55インチのプラズマディスプレイ「PDM-5520」が展示されている。昨年11月に行われたCEDIA(Custom Electronic Design&Installation Association)に出品された製品で、現時点でも市販時期・価格は未定というが、ブース内の至る所に展示されており、市場投入が近いことを伺わせる。

photo 「PDM-5520」e-ALIS方式のプラズマパネルが採用されており、解像度は1366×768、コントラスト比は1000:1

幅広いラインナップを用意する東芝。ただしSED展示はナシ

 

 東芝のブースにはDLPリアプロ、液晶、ブラウン管まで幅広い種類の大画面TVが用意されていた。

photo 62インチのDLPリアプロ「62HM84」

 同社ブース内で最大だったのが、64インチを実現している「62HM84」や「62HMX84」などのリアプロTV。そのほか、42インチ液晶パネルを搭載した「42HPX84」なども展示されていたが、同社が今後の事業中心のひとつともしているSEDの展示がなく、やや物足りない印象だ。

三洋電機もリアプロTVを北米市場へ投入

 三洋電機のブースには、北米市場向けに同社が3月から投入するリアプロTVが展示されている。

photo 北米市場向けに投入されるのは55インチのリアプロTV「PLV-55WM1」

 北米市場向けに投入されるのは55インチの「PLV-55WM1」(編集部注:展示及び米国投入製品は、おそらく中国・日本ですでに発売されているものと同型)。パネルはセイコーエプソン製で、解像度は1280×720ピクセルとなっている。同社としては基本的には業務用として投入する考えで、北米での民生機市場への投入や、日本での展開については検討中だという。また、ブースには44インチの製品も展示されていたが、完全に参考展示の段階だという。

photo PLV-55WM1の側面
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.