ニュース
» 2005年03月04日 18時57分 UPDATE

レビュー:MP3再生も可能、“マイ辞書”として進化する「EBR-500MS」「EBR-800MS」 (1/4)

ソニーの新発売する電子辞書が「EBR-500MS」と「EBR-800MS」だ。メモリースティックによる拡張可能な製品として進化してきた同社製品だが、新製品はハガキ大サイズに、発音機能とMP3再生、辞書作成という新機軸が加えられた。

[石川ひさよし,ITmedia]

 ソニーの新発表した新電子辞書が「EBR-500MS」「EBR-800MS」だ。EBR-500MSはハガキサイズの本体に12辞書、EBR-800MSは同サイズに30辞書を収録した製品だが、最近は辞書の収録数を競うだけでは差別化が難しくなってきた。

photo 「EBR-500MS」(右)と「EBR-800MS」。一見したところ違いは分からない

 そこで、これらには同社お得意のメモリースティック-ROMによる辞書拡張に加えて、MP3再生機能と辞書作成機能という特徴を盛り込んできた。レビューを通じて、電子辞書としての実用性と、新たな特徴の魅力を探ってみたい(今回試用した機体は試作機であり、製品版と一部異なる部分があることをお断りしておきます)。

photo EBR-500MSにはシルバーと新色のペイルトーンブルー、ペイルトーンピンクが用意される。EBR-800MSはシルバーのみ

両モデルのデザインは名刺入れサイズモデル「EBR-S7MS/S8MS」似

 両製品についてまず位置づけを確認すると、EBR-500MSが5つの英語辞書に加えて古語や漢字辞典を収録した高校生を主な対象としたモデル。カラーもシルバーに淡い色彩のペイルトーンブルー、ペイルトーンピンクを加えた3色。EBR-800MSは8カ国語辞書を備えたモデルで、どちらかと言えばファミリー&ビジネス向けという印象。カラーはシルバーのみだ。

 既存モデルの「EBR-120MS/100MS」とはハガキサイズという大きさこそ共通だが、昨年秋に発売された名刺入れサイズモデル「EBR-S7MS/S8MS」(レビュー)に近いデザインが採用されており、シリーズとしての統一感が感じられる。外観に関しては両モデルほぼ同じなので写真で見ていこう。

photo 左側面にはメモリースティック-ROM用のスロットが用意されており、必要な辞書を増やすことが可能
photo 右側面にはイヤホンジャックとボリューム、そしてMP3再生モード時に点灯するランプ

 標準文字サイズである16ドット表示時の表示量は全角20文字×12行。このほか24ドットと12ドットでの表示が可能だ。液晶画面自体は緑色っぽいタイプで、バックライトはなし。好みが分かれるところだが、このあたりはEBR-S8MS/7MSとほぼ同じととらえればいいだろう。

photo 上から12/16/24ドットの表示。画面サイズを考えると16ドット表示が好ましく思える

 キーボード配列はごく普通のQWERTY配列だ。キーボードの上部に機能キー、下段中央にジョグダイヤルを備えた操作キー、下段右はスピーカーと文字サイズやコントラスト、用例、辞書/MP3のような機能切り替えを行うキーが配置されている。

 機能キーで辞書を選んだ後の操作は文字キーと下段中央の操作キーでも完結するので、パソコン用キーボードのように(スペースキーを親指で押すような)親指を交えた操作もできる。ボタンはストロークも確保されており、快適に入力できる。

photo EBR-800MS(左)とEBR-500MSのキーボード。収録されている辞書などにより若干違いはあるが基本的な操作系は同じだ

収録辞書を確認する――検索速度も高速化

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.