ニュース
» 2005年03月17日 21時06分 UPDATE

あゆの新提案?――松下が“PCいらず”のSDオーディオ製品群を発表 (1/2)

松下電器産業は、デジタルオーディオプレーヤー「D-Snap Audio」シリーズと、世界初の“SDカードスロット付き”ミニコンポを発表した。パソコンを使わず、簡単な操作でCDなどから楽曲をダビングできる。発表会にはCMキャラクターの浜崎あゆみさんも駆けつけた。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 松下電器産業は3月17日、デジタルオーディオプレーヤー「D-Snap Audio」シリーズと、世界初の“SDカードスロット付き”ミニコンポを発表した。これまでPCユーザーが牽引してきたシリコンオーディオ市場だが、新製品は「パソコンがなくても簡単に録音できる」のがポイントだ。“音飛び”せず、プレーヤーも軽くできるといったSDオーディオの長所を、非パソコンユーザーにも訴求する構え。

photo
photo 発表会にはCMキャラクターの浜崎あゆみさんが駆けつけた。「SDカードを何枚か持ち歩いて、入れ替えて使いたい。音楽のジャンルごとにカードを分けてもいいですね」とミュージシャンらしい提案も
photo ちなみに、同時発表の1GバイトSDカードを使うと、浜崎あゆみさんがこれまでに出したシングル&アルバムがすべて入ってしまうらしい

 SDオーディオプレーヤーは、「SV-SD100V」と「SV-SD90」の2モデル。いずれもハーフミラーの前面パネルが特徴的なスクエアタイプで、ミラーの奥に有機ELディスプレイを搭載している。メモリは内蔵せず、またSDカードは同梱していないが、そのぶん価格を抑えたという。なお松下では、同時に1GバイトのSDカードを低価格(店頭予想価格で1万5000円前後)で発売する予定だ。

photo ハーフミラーパネルの奥に有機ELディスプレイ。4行表示が可能で、曲名や電池残量なども確認できる。本体サイズは42(幅)×42(高さ)×17.5(厚さ)ミリ。重量は約39グラム。
photo 底面には小型のUSBインタフェースと充電池。専用USBケーブルがバンドルされている
製品名 SV-SD100V SV-SD90
メモリ SDカード(別売)☆2☆
対応ファイル MP3/WMA/AAC☆2☆
FMチューナー
ボイスレコーダー ○(G.726)
インタフェース USB☆2☆
電源 ニッケル水素バッテリー☆2☆
本体サイズ 42.9(幅)×43.2(高さ)×17.5(厚さ)ミリ☆2☆
重量 約39.9グラム 約39グラム
カラー シルバー、ブルー ホワイト、ブルー、レッド
価格 オープン(1万8000円前後) オープン(1万4000円前後)
発売日 4月8日☆2☆

 2機種とも、「D.SOUNDエンジン」と呼ばれる独自LSIを採用し、小型化と音質の向上を図った。D.SOUNDエンジンは、デジタルアンプやイコライザー、音楽を圧縮する際に失われる高域部分を圧縮データから推定して補完しながら再生する「リ・マスター」機能を1チップ化したもの。

 内蔵バッテリーには、角形のニッケル水素充電池を採用しており、約3.5時間の充電で最長14時間30分の音楽再生が可能だ。充電はACアダプター、USB、乾電池を使った専用チャージャー(SV-SD100Vのみ)を利用できる“3Way”対応。充電池と乾電池チャージャーを併用すると、約50時間の長時間再生が可能になるという。

 また、上位モデルのSV-SD100Vは、FMステレオチューナーとボイスレコーダー機能を搭載している。ラジオ放送の録音もサポートしており、その際の音声フォーマットはG.726になる。

 もちろんパソコンとの連携も可能だ。同梱ソフト「SD Jukebox Ver.5.OLE」を使用すれば、プレイリストの作成や楽曲の管理が行える。基本機能は従来通りだが、SDカードへの転送が「start」ボタンのワンクリックだけになるなど、ユーザーインタフェースに若干の変更が加えられている。対応OSは、Windows 2000/XP。Mac OSはサポートしていない。

ダビングの方法と制限

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.