レビュー
» 2005年03月22日 11時00分 UPDATE

レビュー:ユビキタス音楽環境のススメ音だけでなく映像もリモコン信号も――アナログ2.4GHzのAV無線伝送を試す (1/3)

PC HDD内の音楽をどの部屋でも聴こう、という企画の第3弾は、アナログ2.4GHzを利用したプランテックのステレオAVトランスミッター「VT-2400」を試してみた。後半はWindows XP Proのリモートデスクトップ接続を使ったユビキタス音楽環境の構築方法も紹介。

[浅井研二,ITmedia]

 ここまで、PCからのUSBオーディオ伝送をワイヤレス化するスピーカーシステム「Rio LIVE air」、そして、一般的なステレオ音声をワイヤレス伝送する送受信ユニット「Bluetoothワイヤレス・オーディオアクセサリー」を取り上げた。次に試してみたのは、アナログ2.4GHzを利用したAV無線伝送ユニットだ。こうした製品は、一般向けというよりは、電気街や通販を中心に、マニア向け(特に悪い意味は込めていない)に販売されていることが多い。

 同種の製品はいくつか存在するが、今回はプランテックのステレオAVトランスミッター「VT-2400」を利用してみた。受信側・送信側の2つのユニットがセットになった製品だ(2万円弱で販売されている)。ビデオデッキやBS/CSチューナーなどからコンポジット映像・ステレオ音声を送信側ユニットへ入力、受信側をテレビへ接続するというのが主な用途となる。もちろん、音声だけ利用してもかまわない。

photo ワイヤレスAVトランスミッター「VT-2400」。送信側ユニットと受信側ユニットがセットになっており、それぞれ「T」「R」のシールが貼られている
photo 電源を入れると、本体底部が青く光る

 さらに、受信機には赤外線受光部もついているのがミソ。つまり、受信側で入力したリモコンの信号を無線伝送して、送信側についた赤外線発光部から出力可能だ。離れた場所のチューナーの映像を鑑賞する際、リモコン操作でチャンネルの変更もできるというわけ。

 受信側と送信側のユニットはほぼ同じ外観をしていて、区別がつきにくい。そこで送信側には「R」(レシーバーということか)と書かれたシールが貼ってある。黄(映像)・赤白(ステレオ音声)の3つのピンに分かれたケーブルが受信側ユニット用、これに加えて、小さな赤外線発光部と、黄色いピン(ビデオスルー用)がもう1つついたケーブルが送信側ユニット用なので、各々へ接続する。

photo 本体背面もほぼ同じ。上から電源スイッチ、チャンネル切替用ディップスイッチ、AV入力、DC電源入力となる。AV入力端子は送信側が黒、受信側が紫に色分けされており、ケーブル側の色と合わせてつなげば、接続を間違えてしまうことはない
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.