連載
» 2005年05月12日 10時37分 UPDATE

今日から始めるデジカメ撮影術:第22回 ペットと個性の関係 (1/2)

前回のペット撮影術では動物の目線で撮ろう、手ブレに気をつけようという技術以前の話だったが、今回はもうちょっと細かい技術編。自分のペットの個性を引き出す、上手な写真の撮り方をお伝えしよう。

[荻窪圭,ITmedia]

 連載第4回のペット編では、動物の目線で撮ってみよう、室内は暗いので手ブレに気をつけよう、という技術以前の話が中心だった。今回はもうちょっと細かい技術編である。

黒いペットと白いペット

 まずは露出だ。カメラはどれもそうなんだけれども、できるだけ同じ明るさの写真を撮ろうとしてCCDに当たる光の量を調整する。当たる光が多すぎると真っ白になるし少なすぎると真っ黒だ。そのため、カメラはレンズを通して入ってくる光を測って(測光という)、白いところが多いとカメラは「明るすぎる」と判断して暗めに撮ろうとするし、黒いところが多いと「暗すぎる」と判断して明るめに撮ろうとするのだ。白は光をたくさん反射するから結果としてカメラにたくさんの光が入り、逆に黒は反射しないからカメラにあまり光が入らないというわけ。

 どのくらい白いところが多いとどうなるかはカメラによって違うんだけれども、一般的な傾向としてはそうだ。

 人物撮影でも背景が青空だと画面全体が明るくなるので、カメラはちょっと暗めに撮ろうとして、肝心の人物が暗くなっちゃう。いわゆる逆光状態だ。もっと極端な話、白い壁をバックに白い服を着た人を撮ったときと、暗い壁をバックに黒い服を着た人を撮ったときでは、写った顔の明るさが全然違う。撮る人から見れば「顔をちょうどいい明るさで撮りたい」と思うんだけど、カメラはそこまでは分からないから、どうしても全体で見ちゃうわけだ。

 ペットの場合もかなり重要だ。愛らしいペットをアップで撮りたい、と思ったとき、それが白いペットだと暗めに、黒いペットだと明るめに撮れるからである。特に深刻なのは黒いペットの場合。室内で黒いペットを撮ると、カメラは必要以上に明るく撮ろうとするため、シャッタースピードが必要以上に遅くなり、すごく手ブレしやすくなるのだ。それに、無理に明るく撮ると黒い毛がいい感じに出ない。

ak_P1010245.jpg 黒ウサギ。オートで撮影
ak_P1010254.jpg 黒ウサギ。−1.3の露出補正をして撮影

 そこで、黒いペットのときは少しマイナスの露出補正をかけてやる。すると黒が締まっていい感じになる。

 逆に白いペットのときは、少しプラスの露出補正をしてやるといい。

ak_PC050030.jpg 白猫。オートで撮影
ak_PC050031.jpg 白猫。+0.7の露出補正をして撮影

 これは、うちの猫が舌をしまい忘れたまま洗濯物の上で寝てたので思わず撮影したもの。でもやや暗めだったので+0.7の露出補正をかけて撮り直したものだ。

 こういう逆光っぽいケースでは、スローシンクロでストロボを焚くのもいい。

ak_DSC00251.jpg 白猫。スローシンクロでストロボを発光させた

 どのくらいうまくいくかはカメラによりけりだが、逆光っぽさをいかしつつ正面にもちょっと光が当たってくれた。

 他にも露出補正の例を挙げてみよう。これは猫用ベッドに無理矢理入って、ともえ状に寝ている二匹である。

ak_IMG_9660.jpg 2匹には窮屈。オート
ak_IMG_9661.jpg 2匹には窮屈。+1の露出補正

 このように、全体に白が基調の時はプラスの露出補正をかけると効果的。

白い時はホワイトバランスにも気をつけよう

 白いペットの時はホワイトバランスもチェック。

 照明の色に影響されやすいのが白いペットの特徴。だから、部屋の照明やデジカメのオートホワイトバランス機能の効き具合によっては赤くなったり青くなったりしがちだ。そういうときはさっと色を合わせてしまうといい。

 下の2枚は、突然の来客に猫が驚いてどこかへ消えたと思ったら、洗濯機の中に隠れてました、という図。オートで撮ったら照明の色のせいで赤っぽくなってしまったので、ホワイトバランスを白熱灯にセットして撮り直し。

ak_IMG_0132.jpg オートホワイトバランス
ak_IMG_0133.jpg マニュアルホワイトバランス

 でも、わざと照明の赤みをそのまま使いたいこともある。

ak_IMG_2726.jpg

 これは無理に白くすると雰囲気がなくなってしまうだろう。

広角と望遠、近寄ったり離れたりしてみよう

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.