レビュー
» 2005年05月19日 09時31分 UPDATE

レビュー:ノイズキャンセリングヘッドフォン特集騒音消去をカジュアルに――クリエイティブ「HN-505」 (1/2)

実売約5000円とノイズキャンセリングヘッドフォンでは値ごろ感のあるクリエイティブの「HN-505」。ホワイトカラーでカジュアルなこの新製品の実力を探ってみた。

[浅井研二,ITmedia]

 クリエイティブメディアの「HN-505」は、ノイズキャンセリング機能を搭載しつつ、5000円前後という低価格を実現した製品だ。前回のレビューで、密閉型ヘッドフォン「MDR-NC50」とインナーイヤタイプ「MDR-NC11A」を紹介したが、ソニーではほかにオープンエア型の「MDR-NC6」(標準価格7350円)も発売しており、「HN-505」はスタイルや価格の面では、この製品と競合するといっていいだろう。重量も約150グラム(密閉型MDR-NC50の半分)とほぼ同じだ。

photo クリエイティブのノイズキャンセリングヘッドフォン「HN-505」。クリエイティブのオンラインショップでの価格は4980円と、ノイズキャンセリング機能つき製品の中では手頃といえる

 パッケージの写真では、ブラックモデルが記載されているのだが、国内ではホワイトカラーのみの展開となる。今回試用したのもホワイトのモデルで、アーム部からハウジング部まで、プラスチックで構成されたボディは、正直なところ、第一印象ではかなり安っぽい感じを受けた。しかし、じっくり見ていると、逆に安いなりに工夫されているということが伝わってくる。

 プラスチックの表面はつや消し処理がされ、アームの両端に配されたマイクには、色違いのカバーでワンポイントをつけている。また、イヤパッドは密閉型ヘッドフォンでよく見られるような、ソフトな素材が使われ、装着時につきまといがちな、耳への違和感もほとんどない。さらに、アーム部には折り畳み機構を採用しており、持ち運び時にはかなりコンパクトに収まってくれる。

photo アームを回転させて折り畳めば、付属のキャリングポーチに収納できる。航空機内用のデュアルプラグアダプタもついている

 もちろん、高級感があるとは決していえないが、約5000円という価格のわりには、なかなかうまくまとめていると思う。ただ気になるのは、電源スイッチと電池ボックスで、ここだけは頻繁に開閉したり、スライドさせたりするだけに、もう少しチープさを感じさせない機構にしてほしかった。

 電源スイッチは、玩具類でよく見かける、いかにもスイッチというもので、カチッと音を立ててスライドする。大きめで操作はしやすいのだが……。スライドカバー式の電源ボックスも同様に、耐久性に不安がある(もっとも、実際の耐久度は長く使わないとわからないが)。

photo 電源スイッチは、いかにもスイッチというもの。スライドさせてONにすると、隣のLEDが点灯する

 右のアーム内側のカバーを開けて、単4形乾電池1本を入れるのだが、ただはめ込むだけではしっかりとは固定されず、カバーをしてようやく収まる感じだ。連続再生で、約29時間(アルカリ電池使用時)の駆動が可能だ。

photo 単4形乾電池1本を使用。しっかり固定されないのがやや不安だが、カバーを閉めていれば、中で外れるようなことはない
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.