ニュース
» 2005年06月18日 21時36分 UPDATE

特集:魅惑のデザイン家電重みに“上質”を感じるマルチリモコン――amadana「CR-102」 (1/3)

リアルフリートの「CR-102」は、「アルジ・スティック」という愛称を持つスリムなマルチリモコンだ。亜鉛ダイキャスト製のベースにラバーのボタンという組み合わせは高い質感を演出していて、AV機器にもよく似合う。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 リアルフリートの「CR-102」は、テレビ、ビデオ、DVDプレーヤーのリモコンを1台でまかなう“マルチリモコン”だ。シンプルでスリムな外観は、家電製品の付属リモコンとは一線を画したもの。決して多機能ではないが、AV機器とはよく似合う。

 デザイン家電をあえてIT誌の視点で検証していくイジワルなシリーズの第2弾は、リアルフリートのマルチリモコン「CR-102」を取り上げよう。

photo CR-102には、ブラック、ホワイト、グレーの3色があり、価格はすべて1万2600円。今回はブラックとグレーを試用した

 「CR-102」を箱から出して、まず驚かされるのが、その重さだ。細身のボディに似合わない重量感がある。

 それもそのはず。ベース部分は亜鉛ダイキャスト製で、上面は全体をラバーで覆われている。重量は約200グラムというから、携帯電話よりも少し重い程度だろう。ただ、手に載る部分が細いこともあって、意外性を感じる重さになっている。

 スリムなボディは、約35(幅)×240(長さ)×20(厚さ)ミリ。「アルジ・スティック」という愛称が似合うスティックタイプだ。ボタン類は必要最低限の数におさえ、左右2列に配置。それぞれのボタンは独立しておらず、中央に向かって湾曲する形で本体と繋がっている。それでもボタンの役割を果たすのは、表面がラバーだからだ。

photo ほかのリモコンと並べてみると、CR-102のスリムさと質感がよくわかる
photo 上面に赤外線。ラバー製のボタン類が上面と一体化していることがよくわかる

 ラバーのスイッチというと、PCユーザーなら“消しゴムキーボード”なんていう言葉を思い出すかもしれないが、CR-102は違う。表面のラバーは滑りにくく、触ったときの感触も上々。ボタンを押すと、ラバーを通して内側にあるスイッチが“コクッ”と、はっきりとしたクリック感を伴って沈み込む。しっかりした構造のスイッチにラバーコーティングしてある印象だ。

photo 操作部を下のほうから見上げるとこんな感じ

 ボタンの配置は極めてシンプルで、最近の家電製品では当たり前になった十字キーやカラーボタンなどはない。数字や記号のシンプルなシルク印刷が施されている。

 こんな風に書くと、「デザイン重視で実用的ではない?」と思うかもしれないが、それは間違いだ。いや、一部は正しいが、決して実用性が二の次になっているわけではない――などと微妙な含みを持たせつつ、操作性は次ページで触れることにして、もう少し外観を見ていきたい。

 個人的に気に入ったのは、背面の処理だ。背面は樹脂製で、持ったときにちょうど指がかかるよう、左右がくぼんだ船のようなデザインになっている。素材としては一般的だが、リモコンの背面にあるはずの電池ケースのカバーが見あたらない。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.