ニュース
» 2005年08月03日 21時14分 UPDATE

TV周りのデジタル家電を一気に無線化――バッファロー

バッファローは、ハイパワーモデルの最大2.1倍という通信距離を実現する“第3世代ハイパワー”無線ルータなど14製品を一気にリリースした。デジタルTVやゲーム機といった“テレビ周り”を一括して無線化する製品も用意する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 バッファローは8月3日、無線LAN製品の新シリーズ合わせて14製品を一気に発表した。従来のハイパワーモデルの最大2.1倍という通信距離を実現する“第3世代ハイパワー”搭載の無線ルータや無線カード、オプションアンテナなどを豊富にラインアップ。「デジタルホーム用途では“家中すみずみ”まで高速でつながる無線LANが必須だ」(同社)としている。

photo 発表会場では、同社のネットワークメディアプレーヤー「LinkTheater」をはじめ、シャープのITテレビ、松下のDVDレコーダーなどを「WLI-TX4-G54HP」経由で無線LANに接続

 イーサネットコンバーター「WLI-TX4-G54HP」は、リビングルームのデジタル家電をまとめて無線LAN接続できるユニークな製品だ。有線LANと無線LANを仲介するメディアコンバーターは既にいくつも存在するが、WLI-TX4-G54HPは、10/100BASEの4ポートスイッチを搭載した点が特徴。単体で4台までのデジタル家電を接続できる。

photo 「WLI-TX4-G54HP」は、ハイパワーのIEEE 802.11gに対応するメディアコンバーター。もちろん設定はAOSSをサポート
photo 背面に有線ポートを4つ備えている(スイッチングハブを併用すれば5台以上も可)

 「無線LANの利用シーンは、PC主体から、デジタル家電やゲーム機、無線IP電話など家中で使用する形態に変化している。とくにデジタル家電は、PCやルータのある場所と離れて設置されることも多く、またノートPCやポータブルゲーム機と違って移動が困難だ。WLI-TX4-G54HPがあれば、デジタルTVとネットワークメディアプレーヤー、プレステ2など、TV回りのデジタル家電をまとめて無線化できる」(同社ブロードバンドソリューションズ事業部マーケティンググループの石丸正弥リーダー)。

 筐体は後述の無線ルータと共通で、ラックなどの隙間に置くことを意識した横置きの薄型デザインになっている。本体サイズは130(幅)×144(奥行き)×28(厚さ)ミリで重量は240グラム(アンテナ、スタンド含まず)。アンテナは可動式で、取り外してオプション(別売)の指向性アンテナ「WLE-AT-DAC」に切り換えることもできる。もちろん設定は「A.O.S.S」対応だ。

ハイパワー無線ルータも進化

 無線ルータの「WHR-HP-G54」は、従来のハイパワー無線アクセスポイントに採用していた「AirStationBooster」を改良し、通信エリアをさらに拡大。「従来のハイパワーモデルと比較して最大2.1倍に広げる」(同社)。具体的には、送信系/受信系回路の改善にくわえ、複数の変化面に対応するアンテナの搭載、ソフトウェアの最適化などによって高速化を図っているという。

photo ハイパワー対応の無線ルータ「WHR-HP-G54」。筐体はWLI-TX4-G54HPと同じものを採用。また、底面のディップスイッチ1つでルータ/ブリッジモードの変更が可能になっている

 たとえば、従来は20Mbpsで通信可能なエリアがアクセスポイントから見通し150メートル地点までだが、今回は220メートルまでカバー可能(FTPによるファイル転送で測定)。また実際の二階建て木造住宅を使用した検証では、無線アクセスポイント(1階の角部屋に設置)から最も遠い2階のリビングルームでも9.5Mbpsで接続できたという。一方、従来のハイパワーモデルでは半分の4.8Mbps、ノーマルのIEEE 802.11gは測定不能(通信不可)だった。

photo 実際の2階建て木造住宅を使った検証の結果

 そのほかの製品ラインアップは以下の通り。ハイパワー対応の「WHR-HP-G54」およびノーマル無線ルータ「WHR-G54S」の2機種を中心として、無線LANカードやUSBアダプタのセットモデルなどを揃えた。8月中旬から順次発売する予定だ。

photo 同じく無線ルータの新製品である「WHR-G54S」。ハイパワー非対応&筐体色が異なる以外はWHR-HP-54と同じ。
型番 概要 ハイパワー対応 定価 発売日
WLI3-TX4-G54HP イーサネットメディアコンバーター 1万4600円 9月上旬
WHR-HP-G54 .11g対応無線ルータ単体 1万8800円 8月下旬
WHR-HP-G54/P .11g対応無線ルータ+カード 2万1000円 8月下旬
WHR-HP-G54/E .11g対応無線ルータ+WLI3-TX1-G54 2万5300円 8月下旬
WHR-G54S .11g対応無線ルータ単体 1万500円 8月中旬
WHR-G54S/P .11g対応無線ルータ+カード 1万1500円 8月中旬
WHR-G54S/U .11g対応無線ルータ+WLI-U2-KAMG54 1万1500円 8月中旬
WHR-G54S/E .11g対応無線ルータ+WLI3-TX1-G54 1万7800円 8月中旬
WLI-U2-KAMG54 .11a/11g対応のUSB無線LANアダプタ 6300円 8月下旬
WER-AM54G54/U WER-AM54G54+WLI-U2-KAMG54 2万1000円 8月下旬
WER-AMG54/U WER-AMG54+WLI-U2-KAMG54 1万7800円 8月下旬
WLE-AT-DAC WHRシリーズ用アンテナ、平面指向性 3980円 9月上旬
WLE-DAH 指向性アンテナ 5980円 8月下旬
WLE-HG-NDR 無指向性アンテナ 5980円 8月下旬
photo 電波状況を改善する外付けアンテナも豊富にラインアップ。中央の四角いアンテナは指向性の「WLE-DAH」、右側は無指向性の「WLE-NDR」、左側は無指向性の「WLE-DAH」

 なおバッファローでは同時に、今秋発売するIEEE 802.11a対応製品の開発表明も行っている。IEEE 802.11aと.11gを同時に使用できるデュアルバンドモデル「WHR-AM54G54」、および排他利用の「WHR-AMG54」をラインアップする予定だ。いずれも国際標準IEEE 802.11a(5.2G〜5.3GHz)に対応するという。

 「IEEE 802.11gの普及により、都市部を中心に2.4GHz帯が混雑している。IEEE 802.11aなら、8chを使用して安定した通信が行えるだろう」(同社)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.