ニュース
» 2005年09月01日 17時08分 UPDATE

デジタルチューナー内蔵のVHS一体型も登場――松下が新「DIGA」4機種を発表 (1/3)

松下電器が「DIGA」シリーズの新製品を発表した。デジタル3波対応チューナーを搭載したVHS一体型モデルからDVD単体レコーダーまで、バラエティに富んだ4機種をラインアップ。10月1日から順次発売する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 松下電器産業は9月1日、DVDレコーダー「DIGA」シリーズの新製品を発表した。デジタル3波対応チューナーを搭載したVHS一体型モデルからDVD単体レコーダーまで、バラエティに富んだ4機種をラインアップ。価格はすべてオープンプライスで、10月1日から順次発売する予定だ。

製品名 DMR-EX200V DMR-EH66 DMR-EH53 DMR-EH73V
チューナー デジタル×1、アナログ×2(※1) アナログ×2、BSアナログ アナログ×1 アナログ×2、BSアナログ
HDD 250Gバイト 200Gバイト
VHS
SDカード ○(静止画のみ) ○(動画対応)
DV端子
店頭予想価格 16万円前後 9万5000円前後 7万円前後 9万円前後
発売日 11月10日 10月1日 10月15日
※1:1つはVHS専用チューナー

 まず4機種共通のアップデートとして、DVD-R DLのサポートが挙げられる。DVD-R DLへの記録はダビング時のみになるが、たとえばLPモードを使用した場合、1枚のディスクにD1解像度で約7時間10分録画できる。録画可能なDVDメディアはDVD-R/-RAM/-RW/+Rの4種類(DVD-RWはビデオモードのみ)で、記録速度はDVD-Rが最大8倍速、DVD-RAMは最大5倍速(PC表記)。もちろん、DVD-RのVR記録(CPRM対応)にも対応している。

3番組を同時録画できるVHS一体型

 DMR-EX200Vは、DMR-EX100/300をベースにしたVHS一体型DVDレコーダーだ。HDD/DVD用のデジタルチューナーとアナログチューナーにくわえ、今回はVHS用のアナログチューナーも搭載したため、「デジ・アナどっちも録り」と同時にVHS録画が可能。つまり、最大で3つのチャンネルを同時に録画できることになる。

photo DMR-EX200V
photo リモコンはEX100/300と同じ「ボタンすっきりくるくるリモコン」

 内蔵HDDは250Gバイトで、地上デジタル放送のハイビジョン放送なら最大31時間45分、BSデジタル放送の場合で22時間30分のTS録画が可能だ(DRモード)。

 従来のVHS一体型と同様、DVD、HDD、VHSの双方向ダビングをボタン1つで行える「ワンタッチ6WAYダビング」ボタンを採用。VHSからのダビングでは、S-VHSクオリティでHDDやDVDに記録できる。また、テープ特有の横揺れやノイズを低減する「インテリジェント・ダビングDNR」も備えた。

 そのほかの機能は、DMR-EX100/300とほぼ同じ。HDMI出力端子を1つ備え、「ビューティ・リアライザー」によりDVDビデオも1080i相当にアップコンバートして出力できる(前回は名前が付いていなかった)。

photo HDMI×1系統のほか、D4出力×1系統、S端子/コンポジット出力×2系統を備えている。入力はS端子/コンポジット×3系統

 SDカードスロットも備え、デジカメで撮影したJPEG画像をHDDやDVDに取り込める。ただし、同時発表の「DMR-EH66」などが対応しているMPEG-2動画の取り込みはサポートしていない。このあたりは、DMR-EX100/300がベースになっているためだろう。

 本体サイズは、430(幅)×391(奥行き)×125(高さ)ミリとかなり大柄で、重量は約8.4キロ。「ボタンすっきりくるくるリモコン」が付属する。

「どっちも録り」の後継機「DMR-EH66」

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.