ニュース
» 2005年09月08日 13時48分 UPDATE

「大胆な発表をしよう」――ジョブズ氏、iPod nanoを語る (1/2)

アップルコンピュータは都内で関係者向けのイベントを開催、米サンフランシスコで行われたスティーブ・ジョブズ氏によるiPod nano発表のプレゼンテーションがビデオで紹介された。

[渡邊宏,ITmedia]

 米Appleが小型軽量の音楽プレーヤー「iPod nano」を発表したのを受け、アップルコンピュータは9月8日、都内で関係者向けのイベントを開催、米サンフランシスコで行われたスティーブ・ジョブズ氏によるプレゼンテーションがビデオで紹介された。

メジャーバージョンアップしたiTunes

 ジョブズ氏のプレゼンテーションはiTunes Music Storeに関する話題から始まった。先日、日本でもサービスが開始されたiTunes Music Storeは既に全世界で5億曲以上を販売し、現在も1日あたり180万曲のペースで販売されているという。iTunes 4.9からサポートされたポッドキャストも急速な伸びを見せており、全世界では7億もの番組が放送されているという。「ポッドキャストはロケットのように上昇している」(ジョブズ氏)。

photo スティーブ・ジョブズ氏

 用意されている楽曲数も200万曲に及ぶ。「アカウント数も1000万を超えており、販売された楽曲数をユーザー数で割れば、1人あたり60曲以上を購入している計算だ。インターネット上のコンテンツ販売サイトとしては、最大級といえる。アマゾンに次ぐストアといえるかもしれない」。

 ジョブズ氏はiTunes Music Storeでしか購入できないコンテンツが、2つ新たに登場したことも発表した。ひとつはハリー・ポッターのオーディオブックで、最新作を含む全6巻が購入できる。ホグワーツ魔法学校の紋章が入ったiPodも特別に用意された。もうひとつは、これまで楽曲のダウンロード販売に積極的ではなかったマドンナの楽曲すべてが購入可能になったことだ。

photo ロンドンのマドンナとiChatで話すジョブズ氏。「iPodは持っているの?」というジョブズ氏の問いには、「もちろん。ほとんどの種類を持ってるわ。でも、そんなにたくさん出さないでね(笑)」

 iTunes Music Storeに次ぐ話題としてジョブズ氏が話し出したのが、iTunesのバージョンアップ。メジャーバージョンアップを果たし、「iTunes 5」となったiTunesはタイムバーやサーチバー、シャッフルの程度をコントロールする「Smart Shuffle」などの機能が追加された。

 「インタフェースを見直した。サーチバーはiTunes Music Storeやポッドキャスト、オーディオブックもその対象に含んでおり、より素早く検索できる。ランダム度を調節する機能や、キーワードロックなども追加した。かなり気に入ってもらえるだろう」

photo iTunes 5のデモを行うジョブズ氏

 「携帯電話におけるiPod Shuffleだ」とジョブズ氏が紹介したのが、MotorolaのiTunes搭載携帯電話「ROKR」。MacおよびPCのiTunesと同期が可能で、内蔵のメモリへ約100曲を転送することができる。ステージにはMotorolaのロン・ギャリック氏も登場し、「携帯電話の利用者は“音楽”へ大きな期待を抱いている」とコメントした。

photo 「iTunes Phone」としてROKRを紹介

 そして、車載ソリューションの拡大などに触れた後、ジョブズ氏はiPod miniについて話し出した。「iPod Miniは世界で最も人気のあるポータブルオーディオプレーヤーだが、今日はかなり大胆な発表をしたいと思う」

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.