ニュース
» 2005年09月20日 15時00分 UPDATE

東芝、小型化と使いやすさ向上の新gigabeat「X30」

東芝が、HDDオーディオプレーヤー“gigabeat”の新製品「gigabeat X30」を発表。従来モデルより20%小型化しながら液晶は大型化。フォト機能も強化した。30GバイトHDDを搭載し、同社直販価格は3万7000円。

[ITmedia]

 東芝は9月20日、HDDオーディオプレーヤー“gigabeat”の新製品「gigabeat X30」を発表した。9月22日から発売する。価格はオープンで、同社直販サイト「SHOP1048」の価格は3万7000円。

photo gigabeat X30

 X30は、30Gバイトの1.8インチHDDを本体に内蔵。サイズは59.3(幅)×99.3(奥行き)×14.5(高さ)ミリで重さは約134グラムと、同容量のHDDを採用する従来モデル(F21)に比べて約20%のコンパクト化を実現したという。

 本体色はピアノブラック/ピュアホワイト/クリムゾンレッドの3色をラインアップ。質感を重視したピアノ調仕上げになっている。

photo

 本体を小型化しながらも液晶ディスプレイは従来モデルよりも大型化。2.4インチQVGA(240×320ピクセル)の低温ポリシリコンTFT液晶を採用し、色数も約26万色相当(ディザリング処理)として写真や文字を鮮明に表示可能にした。

 フォト機能も強化。EXIF情報から日付別のアルバム管理ができるなどフォトの階層管理化機能を搭載したほか、お気に入りのフォトだけ選んでのプレイリスト作成、音楽とフォトスライドショーの同時再生、フェードやワイプといったスライドショー効果などの機能を追加した。

photo

 別売のUSBクレードル「MEGBCS15」(オープン、直販価格4980円)を利用することで、デジカメからPCを介さず直接画像を取り込むことが可能。

インタフェースには十字型のタッチセンサーで指でなぞるだけで各種の操作が可能な「プラスタッチ」を搭載。約3時間の充電で約16時間の連続再生が可能。対応フォーマットはWMA、MP3、WAVで、対応ビットレートは16kbps〜320kbps。別売りUSBクレードルを使うことでWindows Media DRM 10にも対応。HDDへの収録時間は約664時間(WMA 128kbpsの場合)。

 楽曲転送・管理ソフト「gigabeat Room Ver.3.0」を標準添付。フォトとオーディオ機能をタブ切り替えにした新レイアウトに加え、ワンクリックで音楽CDからgigabeat本体とPCとの両方にリッピングできるワンクリック操作「RipRec」を搭載。マスストレージ対応でPCの外付けHDDとしての利用も可能。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.