特集
» 2005年10月21日 10時30分 UPDATE

DVDレビュー:れこめんどDVD「Mr.BOO! DVD-BOX」 (1/2)

ブーいえば高木よりむしろミスター、マイケルといえばジャクソンじゃなくてホイ。そんな貴兄に打ってつけの作品が「Mr.BOO! DVD-BOX」。発売直前、マイケル・ホイさん奇跡の来日&広川太一郎さん共同会見でブログ界隈でも盛り上がった本作。

[サトウツヨシ,ITmedia]

「Mr.BOO! DVD−BOX」(5枚組、初回限定生産5000セット)

発売日:2005年8月26日
価格:1万6275円
発売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
上映時間:90〜107分
製作年度:1974〜1984年
画面サイズ:シネマスコープサイズ・スクイーズ(「新Mr.BOO! 鉄板焼」のみビスタサイズ)
音声(1):DTS/5.1chサラウンド/広東語
音声(2):ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/広東語
音声(3):ドルビーデジタル/モノラル/日本語(「新Mr.BOO! 鉄板焼」以外)

 「ギブスしてカニミソ食うのってどれだったっけ?」「ホイ3兄弟ってマイケル、サミュエル、あと誰だっけ?」

 いま30代の人、もっというと80年代に小中学生だった人ならわかってくれますよね、この感じ。「奇面組のメンバーって全員言える?」「ミスター梅介ってお笑いスタ誕で何週までいった?」などと並び、会話の糸口に最適です(どこが)。

 さて、懐かしの80年代お笑いネタは尽きないものですが、「Mr.BOO!」体験がTV放映中心世代の私たちとしては(勝手に決定。コアな香港映画ファンの方すみません)、まずは知ってるようで知らない基本情報をテキトーにおさえてみますか。

Mr.BOO! を知る基本データ

邦題 原題 日本公開年 製作年
「Mr.Boo! ミスター・ブー」 「半斤八両/THE PRIVATE EYES」 1979年2月 1976年
「Mr.Boo! インベーダー作戦』 「売身契/THE CONTRACT」 1979年5月 1978年
「Mr.Boo! ギャンブル大将」 「鬼馬讐星/GAMES GAMBLERS PLAY」 1979年12月 1976年
「新Mr.Boo! アヒルの警備保障」 「SECURITY UNLIMITED」 1982年1月 1981年
「Mr.Boo! 鉄板焼」 「TEPPANYAKI」 1985年11月 1985年

(1)とりあえず原題は「Mr.BOO!」じゃない

 そうですブーって役名は吹替だけ。ちなみにリッキー・ホイ(ヒップアップの小林さん似)にいたっては役名は「チョンボ」。

(2) というかシリーズですらない

 当時の子ども心にも薄々感づいてましたよね。いま原題を改めてみていきますと、かなりシンプルなショートコントのお題のようでもあります。

(3)製作年と日本公開順が前後している(本当のデビュー作はどれ?)

 「Mr.BOO! ギャンブル大将」がマイケル・ホイ初監督・主演作品。日本公開は1979年に初期3作品が公開されおり、当時の勢いが感じられます。

「感謝感激アメンボー」広川太一郎名ゼリフ付きレビュー

 ではさっそく、「Mr.BOO! DVD-BOX」に収録されている5作品を紹介していきましょう。「役者が後ろを向いているときや、しゃべりながらフレームアウトするときがチャンス(*1)」という素晴らしいノウハウをお持ちの広川太一郎さんの名ゼリフ付きでどうぞ。

*1「バットマン&ロビン」のアフレコ取材で竹中直人さんがボソッとおっしゃった敬愛する広川さんの逸話より。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.