ニュース
» 2005年11月16日 11時58分 UPDATE

iPodの国内シェアが約60%に拡大

アップルコンピュータのポータブルオーディオプレーヤー「iPod」の国内シェア(BCN調査)が約60%に拡大した。

[ITmedia]

 アップルコンピュータは11月16日、同社のポータブルオーディオプレーヤー「iPod」の国内シェア(BCN調査)が約60%に拡大したと発表した。

 今年8月の「iTunes Music Store」(iTMS-J)の開始に加え、薄型超軽量の「iPod nano」や、動画再生に対応した「第5世代iPod」など相次ぐ新製品リリースで、日本におけるシェアを急速に拡大した。

photo 鉛筆より薄いiPod nano
photo 動画再生に対応した最新の第5世代iPod

 iTMS-Jは8月4日のサービス開始からわずか4日間で100万曲を販売するなど好調なスタートを切り、新たに数多くのインディーズレーベルも加わるなど、提供楽曲数も着実に増え続けている。

 「iTunes Music Storeのオープン、そして不可能なまでに小さいiPod nanoおよび第5世代のiPodの発表もあり、今年はアップルと日本における音楽事業にとって素晴らしい1年となりました。日本の音楽ファンが、世界で最も人気の高いオンラインミュージックストアと世界最高のデジタルミュージックプレーヤーの比類ない組み合わせを強く支持してくれたことを、とても喜ばしく思っています」(同社ワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデントのフィリップ・シラー氏)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.