レビュー
» 2006年01月30日 20時00分 UPDATE

レビュー:日常でもビジネスでもOKな多機能モデル――カシオ「EXILIM ZOOM EX-Z600」 (1/6)

大画面コンパクトデジカメEXILIM Zシリーズの最新作「EX-Z600」は、多彩な機能が満載されたユニークモデル。一風変わった「よみがえりショット」や「アングル補正」、「ブレ軽減」機能は、普段使いだけでなくビジネスシーンにもバッチリだ。

[荻窪圭,ITmedia]

 ここ1〜2年の売れ筋ランキングを見ていると、IXYと並んで定番デジカメの地位を確立したと感じるカシオ計算機のEXILIM。特に高画質とか手ブレ補正機能といった強力な個性があるわけではないが、薄型ズーム、大画面液晶、長時間バッテリーとトレンドをさきがけつつ、ポイントを外さない強化で定着したといっていい。

 そんなEXILIMはの中心は薄型のSシリーズと主力モデルのZシリーズだが、主力系の最新モデルが「EXILIM ZOOM EX-Z600」(以下、Z600)。2005年秋に出た「EXILIM ZOOM EX-Z500」の600万画素版だが、さらなる強化が施されている。

mn_5836.jpg 非常にシンプルなボディ。レンズの上にある黒い穴はAF補助光。レンズは三段沈胴式だ

シンプルなボディとユニークな多機能がEXILIMの面白さ

 EXILIMの面白さは、やはりシンプルなボディや操作性からは想像も付かないほど細かい機能が豊富にあり、それがなかなか便利なこと。普及型モデルとしては非常に多くカスタマイズの幅も広い。それを羅列するだけで何ページにもなってしまうほどだ。

mn_5886.jpg 前面は非常にシンプルなデザインで左端にストラップ用の金具が飛び出ている
mn_5892.jpg 背面。画面は再生モードで、DISPボタンを押して撮影情報を最大限に表示してみた。撮影後の情報を詳しくチェックできる。再生時のコマ送りもすごく高速で快適。右上にある撮影と再生ボタンはダイレクトオン・オフに対応。電源スイッチを押さなくても電源をコントロールできる。四角い十字キーの上にはMENUとBSボタン。BSはベストショット機能を呼び出すもの

 画面には9分割のグリッド表示ができるし、撮影と再生のボタンでダイレクトに電源を入れられるダイレクトオンもオン/オフ(さらにダイレクトオフのオン/オフも)できる。さらに、シャッターを一気押しするとピントを予測して適当なところに合わせてくれるためシャッターチャンスを逃さない「クイックシャッター」もオン/オフできるし、彩度・コントラスト・シャープネスも5段階で調整できる。結構いじりがいがあるデジカメなのだ。

mn_5905.jpg メニューを見ると分かるとおり、機能は豊富。撮影設定だけでも3ページ分ある。注目はブレ軽減モード
mn_5906.jpg 画質設定も3ページある。ここは画質(WBやISO感度、彩度など)に関する項目をセットするメニュー
mn_5907.jpg 設定も3ページ分。ここはいわゆる環境設定に関するページ
mn_5912.jpg アイコンガイドをオンにすると、何か操作をするたびにこのように吹き出しでガイドが表示される。これは分かりやすく、誤設定を防ぐ意味でも便利
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.