ニュース
» 2006年03月27日 21時07分 UPDATE

1年後は“おうた”の発表会。ドラマティックに成長する新しい「プリモプエル」

バンダイは“ドラマティックなおうた練習機能”を追加した「おうた♪ たっぷりプリモプエル」を4月22日に発売する。

[ITmedia]

 バンダイは3月27日、おしゃべりをするぬいぐるみ玩具“プリモプエル”シリーズの新製品「おうた♪ たっぷりプリモプエル」を発表した。4月22日発売で、価格は7980円。

photo 「おうた♪ たっぷりプリモプエル」。高さは30センチ。(C)1999 BANDAI・WiZ

 プリモプエルの歌をうたう機能をさらに充実させたモデル。従来製品での短い歌ではなく、オリジナルの長い歌5曲を練習し、全曲をフルコーラスで歌えるように約1年かけて成長する。練習を始めてからの数日は「おうたの練習しなきゃだな……」としゃべるものの、恥ずかしがって歌うことをためらうが、しばらくすると発声練習を開始。1〜2カ月で1曲を完全にマスターする。

 5曲すべて歌えるようになってから、右手の「あくしゅスイッチ」を2回押すと「今週は発表会だよ。5曲フルコーラスで歌います。」としゃべり、歌を披露。また、1回押すと5曲のうちどれかをランダムで歌ってくれる。歌い終わると「上手だった?」と出来栄えを聞いてくるので、プリモプエルに触ってほめる事でユーザーも達成感を味わうことができるらしい。

 おしゃべりの内容も従来の280語から、5歳の子どもをイメージした380語へと増量。声の大きさも大/中/小/消音の4パターンから選べられるようになり、数回のだっこで簡単に寝かしつけられたり、すぐ起きるようになるなど「寝起きの良さ」もくわわった。また、メカボックスを改良し、ドライバーを使わずに電池の出し入れが可能となった。使用する電池は単二形乾電池4本。通常使用で約6週間持続する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.