レビュー
» 2006年04月27日 16時57分 UPDATE

レビュー:HDCP対応のデルWUXGA液晶「2407WFP」はハイビジョン視聴に堪えうるか? (1/3)

1920×1200パネルとコンポーネント映像入力で昨年注目を集めたデル UltraSharp 2405FPW HASの後継機「UltraSharp 2407WFP HAS」が登場した。DVIが待望のHDCP対応となり「フルHDモニターになるのでは?」と“大きな期待”を抱いたのだが、はたして……。

[浅井研二,ITmedia]

 1年ほど前にレビュー記事で取り上げたデルの24型ワイド液晶「UltraSharp 2405FPW HAS」は、WUXGA(1920×1200)表示が可能な大型高精細ディスプレイであるとともに、コンポーネント映像入力も装備し、ハイビジョン映像の視聴にも対応しうる製品だった。

 そして今回、新たに「UltraSharp 2407WFP HAS」が登場。24型ワイド、WUXGA解像度、コンポーネント映像入力装備という点は同じだが、本体デザインを一新したうえで、いよいよDVI-D端子がHDCP対応を果たした。つまり、著作権保護のために暗号化して伝送される、デジタル映像信号の入力に対応できるわけだ。

photo 1920×1200表示が可能な24型ワイド液晶ディスプレイ「UltraSharp 2407WFP HAS」。DVI-D端子がHDCP対応を果たしたことで、ハイビジョンテレビとしての性能もより高まったのだろうか?

 これはLifeStyle読者にとっては、大いに興味をそそられる点だろう。つまり、デジタル放送対応DVD/HDDレコーダーやHD DVDプレーヤーのHDMI端子との接続が可能ではないか? もし、そうならWUXGA解像度を生かし、フルHD(1920×1080)のドット・バイ・ドット表示ができるのか? と、素早く考えを巡らしたに違いない。

 HDCP対応DVI端子は、液晶プロジェクターには以前から装備した製品が多数存在し、さらに、液晶ディスプレイでも三菱電機の“VISEO”「MDT201WS」などが実装ずみだ。しかし、WUXGAレベルの解像度を有する製品での装備は少ない。しかも、今回の「UltraSharp 2407WFP HAS」の価格は10万円以下である(デル直販で9万9800円)。もし実際に、最上な表示が可能、あるいは、それなりに良好というレベルだとしても、注目すべき製品といえるだろう。

photo デザインは「UltraSharp 2405FPW HAS」から格段によくなっている。特にスタンドは見かけが洗練されているだけでなく、使い勝手もいい。従来と同じく、前後左右への傾き調整に加えてピボットも可能で、動きもスムーズだ

 ただ、この製品が発表されたのは3月20日(記事参照)で、販売開始も同日だったが、なかなか出荷に至らなかった模様だ。しかし、ここにきて出荷開始の準備が整ったのか、先日、編集部にようやく試用機が到着した。さっそくレビューに取り掛かることにしよう。

photo 背面から見た姿もなかなかの趣。スタンドのロック解除ボタンを押すと、高さ調整が可能となる
photo 上下10センチの範囲でスライドできるほか、前方3度/後方21度のチルト、左右各45度のスウィーベルに対応するため、かなり柔軟な調整が可能だ
photo 左側面にはカードリーダーおよびUSBポートを装備する。上がコンパクトフラッシュ(タイプI/II)専用スロットで、中央にあるのがスマートメディア/メモリースティック/SD/MMC対応スロット
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.