インタビュー
» 2006年05月23日 21時03分 UPDATE

インタビュー:赤ちゃんがケロっと泣きやむスイッチの秘密 (1/2)

ぬいぐるみのボタンを押すと、ぐずっていた赤ちゃんがケロっと泣きやむ――そんな画期的な玩具をタカラトミーが発売する。本当なら、赤ちゃんのぐずり泣きに悩むママ・パパには朗報だろう。さっそく詳しい話を聞いてきた。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ぬいぐるみのボタンを押すと、ぐずっていた赤ちゃんがケロっと泣きやむ――画期的なベビー用品「赤ちゃんけろっとスイッチ」をタカラトミーが発売する。にわかに信じがたい話だが、その効果が本当なら赤ちゃんのぐずり泣きに悩まされている全国のパパ・ママにとっては朗報だろう。

photo 「赤ちゃんけろっとスイッチ」。ぬいぐるみは「ベビープー」「ベビーミッキー」があり、価格は各2310円。7月中旬発売予定だ(C)DISNEY

 外観は、いたって普通のぬいぐるみ。しかし中の“音ユニット”には、日本音響研究所とのコラボレーションにより開発された「ぐずり解消メロディ」が入っている。日本音響研究所といえば、タカラ(当時)が「バウリンガル」を共同開発したことでも知られるが、赤ちゃんのぐずり泣きに注目したのは、あの「タケモトピアノ」のCMが発端だったようだ。

 俳優の財津一郎さんが独特の調子で「ピアノ売ってちょーだい」と歌い、全身タイツのお姉さんたちがくねくねと踊りまくる。西日本で知らない人はいない、とてもシュールなCMだ。いつしか、このCMが流れると泣いていた赤ん坊がピタリと泣きやむという噂が広まり、人気番組「探偵!ナイトスクープ」が取り上げたことで有名になった。

 このとき、解析を担当したのが日本音響研究所の鈴木松美氏。解析の結果、財津一郎氏の声が赤ちゃんの好む440Hz付近にあることにくわえ、「音がランダムで飽きない」「本能的に振り向く音が多い」「音楽の途中でリズムが変わる」などのポイントが赤ちゃんの注意を引くことが分かった。日本音響研究所は研究を続け、「キラキラ星」をベースにオリジナルの“ぐずり解消メロディ”を制作。乳幼児向け玩具を多く販売していたトミー(当時)と商品を共同開発することになった。

photo こちらは今後商品化予定の「みつばち」(左)と「かえる」

 商品の企画開発者である同社ベビープリスクール事業部戦略開発チームの外澤志麻主任は、ちょうどその頃、育児に追われており、サンプルを実際に使って驚いたという。「ぐずっているときは、何をしても無駄で本当に困っていました。しかし、サンプルから音楽が流れると、けろっと泣きやむ。これは“使える”と思いました」。

 開発中には50人程度のモニター調査を行い、ぐずり解消メロディの効果を検証した。詳しい調査結果は公開されていないものの概ね良好で、個人差はあるものの生後3カ月から1歳半程度の赤ちゃんに効果があった。また、ぬいぐるみにディズニーキャラクターを採用することが決まると、ぐずり解消メロディに「イッツ・ア・スモール・ワールド」が追加された。

photo

 実際に“ぐずり解消メロディ”を聴いてみると、途中で急に曲のテンポが変わったり、合いの手のように動物の鳴き声が入ったりと確かにユニークだ。「赤ちゃんは、大人に比べて非常に好奇心が強いものです。このメロディには、赤ちゃんの好む音にくわえ、途中で急にテンポが変わったり、動物の鳴き声などの効果音が入ったりと、さまざまな要素の組み合わせで興味を引きます」(同社フロンティア事業本部ベビープリスクール事業部ベビー企画チームエキスパートの並木高夫氏)。

 「赤ちゃんによって個人差はありますが、音楽が流れ始めるとそちらに気をとられ、それまで泣いていたことを忘れてしまうようです。実際に赤ちゃんが音楽を注意して聴くようになるのは結構成長してからなのですが、中には音楽に合わせて踊り出す赤ちゃんもいました」(外澤氏)。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.