ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年04月13日 20時49分 公開

タカラトミー商談会:新型“女の子MP3プレーヤー”から“赤ちゃんけろっとスイッチ”まで――今回もイロイロありました (1/2)

タカラトミーが新製品商談会を開催した。ぐずっている赤ちゃんの気分を変える不思議なぬいぐるみをはじめ、昨年末に発売されて人気を博した“女の子向けMP3プレーヤー”の新製品など、今回もさまざまな新製品が並んでいる。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 タカラトミーは4月13日、夏商戦に向けた新製品商談会を都内のイベントスペースで開催した。タカラとトミーが合併してから2度めの商談会となるが、1つの会場に新製品を並べたのは初。それだけに販売パートナー各社はもちろん、報道関係者も多く詰めかけていた。熱気溢れる展示会場から、ユニークな新製品をリポートしよう。

 まずは、昨年末に発売されて人気を博した“女の子向けMP3プレーヤー”こと「Music Shower」の新バージョンだ。

photo 「ジュエリーのような透明感」が特徴の新「Music Shower」。ピンクとブルーの2色が発売される

 ピンクとブルーの筐体は、「ジュエリーのような透明感」をイメージしたというもの。中央部が少しラウンドしたデザインになったが、全体を包む透明な樹脂製カバーは健在。現在のモデルと同様、本体とカバーの隙間に雑誌の切り抜きやプリクラを挟みこみ“デコレーション”を楽しめる。

 機能面では、まず従来の倍にあたる約240分の録音が可能になった。とはいえ、そこは“子ども向け”。普通なら「メモリを倍に」と考えがちだが、実はビットレートを半分に落とした録音モードを新たに設けることで録音時間を延ばしている。現在のMusic Showerは128Kbps固定だが、新製品では128Kbpsと64Kbpsを選択できるようになった。

 「録音時間を延ばしてほしいという要望が多かったのですが、メモリを増やすと価格に跳ね返ってしまうため、低ビットレートの録音モードを設けました。付属のイヤフォンで(128Kbpsと64Kbpsを)聴き比べてみましたが、音の違いはほとんどわかりません」(同社)。

 また、従来モデルは入力信号を検知して録音を開始する「オート録音」(いわゆるシンクロ録音)しか使えなかったが、新製品ではマニュアル録音モードが追加された。「テレビの音楽番組などを見ていて、ちょうど歌っている場面だけを録音する、といった使い方ができます」。

 新しいMusic Showerは8月上旬に発売予定。価格は1万500円になる予定だ。

「nano channel」は3色で登場

 先月末にグループ会社の発表会で公開されたポータブルプレーヤー「nano channel」は、より製品に近い形で展示されていた。

photo 38(幅)×58(高さ)×8(厚さ)ミリ、重量28グラム。内蔵リチウムイオンバッテリーにより連続約6時間の音楽再生が可能だ。動画の場合は連続1時間

 nano channelは、1.2インチのTFTカラー液晶を搭載した手のひらサイズのメディアプレーヤー。フラッシュメモリを内蔵し、MP3/WMAの音楽ファイルにくわえ、MPEG-1/2、QuickTime、ASF、WMVといった動画ファイルも再生できる。

 当初は1Gバイト版と128Mバイト版の2タイプを用意する予定だったが、「他社製品との競合を考えて」(同社)価格を抑えられる128Mバイト版のみを先行して販売することになった。また、本体カラーは「シルバー」「ブルー」「レッド」の3色に確定。さらに1万語の英和辞書、テキストビューアー、スライドショー機能付きの画像ビューアー、イコライザーといった機能も追加されている。

 nano channelの価格は9800円。7月発売予定。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.