ニュース
» 2006年07月14日 11時20分 UPDATE

読者プレゼントつき:2006年iPodケース特集――第5世代iPod用を集めてみました (1/2)

iPodグッズ特集の第2回は、iPod nanoケースに続いて第5世代iPod用ケースをご紹介。さまざまなバリエーションのアイテムを集めたので、今後の製品選びの参考にしていただきたい。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 第5世代用も集めたんです

 大型液晶の採用に加えビデオ再生にも対応した第5世代iPod。聴くだけでなく、動画を見るという機能が追加され、これまでにない進化を遂げたモデルといってもいいだろう。ということで、iPod関連製品の特集第2回は、iPod nanoケースに続いて第5世代iPod用のケースをご紹介する。素材や収納方法、機能などさまざまなバリエーションのアイテムをお借りできたので、今後の製品選びの参考にしていただきたい。

出し入れするだけでクリーニングできる

 バード電子の「PULL-UP-C30」(30Gバイトモデル用)は、外側にナッパレザーを使ったソフトレザー仕上げのスリーブタイプケース。iPodが接する裏地にはマイクロファイバーを使用しているため、衝撃からiPodを守るだけでなく出し入れするだけで表面をクリーニングしてくれるのが特徴だ。

photophoto 「PULL-UP-C30」。カラーはブラック、アイボリー、オレンジの3色
photophoto ナッパレザーとマイクロファイバーの2重構造

 iPodを固定する器具などはないが、内寸がややきつめで、逆さにしても落ちたりしない。だが、伸び縮みする作りなので着脱は簡単だ。カラーはブラックとアイボリー、そしてオレンジの3色。背面にボタンで開閉できるベルトループと、金属のDリングを備えている。

すっきりフォルムのシェル型プロテクトケース

 フォーカルポイントコンピュータの「Showcase 5G」ITmedia +D Shoppingで価格をチェック)は、透明な特殊プラスチック素材を使ったシェル型プロテクトケースだ。これまでの第3世代用第4世代用は側面のラッチが飛び出すデザインとなっていたが、最新モデルでは突起がなく、すっきりとしたフォルムに変更されている。

photophoto 「Showcase 5G」
photophoto ベルトクリップは横向き用

 側面は縁取られたように黒くなっており、引き締まった印象を受ける。また、内面のiPodが接する部分には特殊ゴムが使われており、万が一の衝撃をやわらげることができる。背面には取り外し可能なベルトクリップが用意されているが、利用時にiPodが横向きになるのが特徴的だ。

傷防止加工を施した丈夫なレザーケース

 ターガス・ジャパンの「AEB22AP」はシックな黒のフリップタイプレザーケースだ。一見普通の革素材だが、傷防止加工を施した丈夫な素材になっている。また、液晶部分にはスクリーンプロテクターが装備されている。

photophoto 「AEB22AP」
photophoto スペーサーにより30Gバイト/60Gバイトモデルに対応する

 側面に柔軟性のある素材が使われており、さらにスペーサーを用いることで30G/60Gバイトのいずれのモデルに対応する。背面はフラットで、ベルトループやフックなどはない。そのかわりでもないが、フリップ部分をくるっと回してスタンドにすることができる。

活動派のあなたに

 ベルトクリップやアームバンドが付属するのがフォーカルポイントコンピュータの「Action Jacket 5G」ITmedia +D Shoppingで価格をチェック)。素材はダイビングスーツなどに使われるネオプレーンで、軽量で丈夫、伸縮性がある素材だ。

photophoto 「Action Jacket 5G」。ベルトクリップや、アームバンドが付属
photophoto 角度が自由にできるベルトクリップ付き

 秀逸なのが、付属のローテーティングベルトクリップ。背面のコネクターにスライドさせながら接続すると、ラッチによって外れなくなるが自由に角度が付けられるというもの。縦向き、横向きを問わずさまざまな環境で使用できる。また、iPod nano用の「ActionJacket nano」(ITmedia +D Shoppingで価格をチェック)も用意されている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.