ニュース
» 2006年09月21日 20時44分 UPDATE

日本無線、防水/耐振性に優れたバイク用ETC車載器を発売

日本無線はバイク用ETC車載器「JRM-11シリーズ」を販売開始する。

[ITmedia]
photo 「JRM-11シリーズ」。左からアンテナ、インジケータ、本体

 日本無線は9月21日、バイク用ETC車載器「JRM-11シリーズ」を10月25日より販売開始すると発表した。価格は3万円。

 本製品は車載器本体とアンテナ、インジケータで構成される。防水性(JIS D0203-S2)と耐振性(20Gまで)を備えながら、搭載スペースの少ないバイク用として小型化も同時に実現した。

 サイズは車載器本体が110(幅)×83.2(奥行き)×24(高さ)ミリ、アンテナが36(幅)×39(奥行き)×13(高さ)ミリ、インジケータが15(幅)×45.5(奥行き)×15(高さ)ミリ。12ボルト車専用となっている。

 4輪車用ETCでは音声やブザーで車載器の状態がアナウンスされるが、本製品はインジケータのLED点灯(緑/赤点灯)によって状態を伝える。

 9月21日現在、バイク用ETCは一部で試験運用が行われているのみだが、国土交通省からは本格開始日も11月1日とアナウンスされており、それ以降ならば、本製品を装着してゲートを通過できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.