ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年03月01日 18時43分 公開

東芝、「Gigashot V10」に新色“ダークチタン”

東芝は、HDDムービーカメラ「gigashot V10シリーズ」の新色として、クールな「ダークチタン」を追加する。

[ITmedia]

 東芝は3月1日、HDDムービーカメラ「gigashot V10シリーズ」の新色として、クールな「ダークチタン」を追加すると発表した。発売は3月9日。価格はオープンプライスだが、店頭では5万円前後になる見込みだ。なお、付属アプリケーションは、Windows Vista対応の「PowerProducer v4」となる。

photophoto gigashot V10(T)

 gigashotは、有効500万画素CCDと0.85インチの4GバイトHDDを内蔵したMPEG-2ビデオカメラ。内蔵HDDに最高画質(HQモード、6Mbps)で約1時間25分、最長約4時間の動画を撮影できる。ズームレンズは、38〜190ミリ相当の光学5倍(F3.3〜F3.4)。独自アルゴリズムの手ブレ防止機能「シェイクエスティメイター」も備えた。

 静止画撮影時には、内蔵HDDのほかにSDHC/SDカードに記録することが可能。本体に動画用の録画ボタンと写真用のシャッターボタンを別々に備えており、モード変更といった手間がいらない。

 外形寸法は、38.5(幅)×59.5(奥行き)×103.8(高さ)ミリ。重さは約260グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.