レビュー
» 2007年04月27日 14時11分 UPDATE

レビュー:カメラ好きにはたまらないハイエンド広角デジカメ――リコー「Caplio GX100」 (1/6)

リコーの「Caplio GX100」は、「GR Digital」にズームレンズと手ブレ補正などを搭載したようなハイエンドコンパクト。24〜72ミリ相当の超広角ズームも備え、カメラ好きにはたまらない一品だ。

[荻窪圭,ITmedia]

 リコーから魅力的なハイエンドコンパクトが発売された。「GR Digital」のズーム版っぽい作りの「Caplio GX100」(以下、GX100)だ。

 GR Digitalとは別のシリーズで、格としてはGR Digitalの方が上なんだけれども、デザインといい操作系といい、GR Digital的な部分を多く取り入れ、その上GR DigitalになかったズームレンズとCCDシフト式手ブレ補正を取り入れた製品なのである。ハイエンドなコンパクトが欲しいカメラ愛好者をくすぐりまくるスペックといって過言ではあるまい。

 GR Digitalが欲しいけど単焦点カメラにこの価格は出せない、と思っていた人には垂涎ものだ。

hi_DSC_6993.jpg 後ろがGR Digital、手前がGX100。このようにデザインコンセプトをそのまま受け継いでいる。レンズ部が少し飛び出ている他はサイズも非常にに似ている
hi_DSC_6991.jpg グリップ部の比較。ダイヤル・シャッターボタン・電源、ダイヤル、ストラップ穴と基本構成は同じ。グリップが少し大きくなり、より持ちやすくなった。モードダイヤルにロックがなくなり、回しやすくなったのも見逃せない。質感はGR Digitalの方が高級そう

GR Digitalを越える凝ったスペック

hi_DSC_7027.jpghi_DSC_7026.jpg 正面から、レンズ収納時と撮影&フラッシュ発光時。レンズ左上にあるボタンはアダプターリング脱着用。その上にパッシブAFセンサーがある。グリップはシボ仕上げで持ちやすい
hi_DSC_7048.jpg 上面。左肩にFnキーとフラッシュオープンスイッチがある

 GX100はCaplioシリーズのハイエンド、GXシリーズの後継機だ。でも前モデルの「Caplio GX-8」からはデザインもスペックも一新し、まったくの新シリーズといっていい内容になっている。

hi_DSC_7039.jpghi_DSC_7038.jpg 厚みは約25ミリで収納時はすっきりしている。レンズは2段沈胴式

 CCDは1/1.8インチの1000万画素でCCDシフト式手ブレ補正を搭載。レンズは24〜72ミリ相当の超広角系3倍ズーム。GR DigitalやCaplio R6よりさらに広角になった。それでいて明るさはF2.5〜4.4。ズームレンズでワイド端がF2.5というのは非常に頑張った数値だ。

 もちろんリコーの伝統である1センチマクロは健在。ワイド端で1センチ、テレ端でも4センチまで寄れる。72ミリ相当でレンズ前4センチは圧巻。GX100にしかない魅力である。

 レンズ収差はGR Digitalに比べて広角でズームということもあってちょっと大きくなったが、中央部のディテール描写力は高い。撮り比べてみると、GR Digitalよりディテールの描写力が上がっているのが分かる。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.