ニュース
» 2007年10月24日 20時32分 UPDATE

FPD International 2007:FEDに有機EL、最新のフラットパネルをチェック (1/2)

パシフィコ横浜でフラットパネルディスプレイの総合展示会「FPD International 2007」が開幕した。今年のトレンドは、液晶テレビのスリム化やLEDバックライトなど幅広いが、まずは既存の薄型テレビと少し違う方式をチェックしよう。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 パシフィコ横浜でフラットパネルディスプレイの総合展示会「FPD International 2007」が開幕した。今年のトレンドは、液晶テレビのスリム化やLEDバックライトの採用による省エネ&高コントラスト化など。またOCB液晶や有機EL、FEDなど、液晶やプラズマ以外の方式にも注目が集まっている。

photophoto エフ・イー・テクノロジーズは10bitのFEDを初出展。右は東芝松下ディスプレイテクノロジーのOCB液晶パネル「Purezza」(プレッツァ)

 まず、エフ・イー・テクノロジーズは10bitのFEDを初出展。放送局用のモニターなどでは10bit表示がマストになるため、ドライバーを新開発したという。

 また東芝松下ディスプレイテクノロジーは、OCB(Optically Compensated Bend)液晶パネル「Purezza」(プレッツァ)を参考出展。WXGAながら100万:1のコントラスト比を誇り、またOCBならではの2ミリ秒(MPRT)という動画応答性や1000カンデラという輝度も魅力だ。

photophoto 32インチOCBパネルのスペック表(左)。ベンド配向のOCB液晶は動画応答性に優れる(右)

 デモ映像にはネオンや花火、タイトルスクロールの画面などを使用し、そのメリットをアピールしていた。「OCBならではのスムーズな動き、そしてエリアコントロール技術による“輝き”と“闇”(黒)に注目してほしい」(同社)。

 一方、ソニーの「XEL-1」(→発表記事)発売でテレビ用途の展開に期待が高まる有機ELも豊富に展示されている。有機ELにはパッシブマトリックス型とアクティブマトリックス型があり、消費電力や大型化にはアクティブマトリックス型が有利とされる。そのため韓国や台湾の海外パネルメーカーを中心に大々的に「AMOLED」(アクティブマトリックス式有機EL)を掲げるブースが目立った。

 製品に近い外観のところでは、サムスンの14インチAMOLEDテレビが挙げられる。解像度は1280×768ピクセル(WXGA)ながら、1万:1のコントラスト比と500カンデラのピーク輝度を持ち、薄いパネルも特徴だ。ただし、残念ながら製品化は未定という。

photophoto サムスンの14インチAMOLEDテレビ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.