連載
» 2008年01月17日 13時26分 UPDATE

デジモノ家電を読み解くキーワード:「ワンセグ」――今とこれから

デジタル時代に突入しても、日本人の四字略語好きは変わらない。「ワンセグ」は今後、日本人なら誰でも知っているデジタル用語に成長するかもしれない、将来性ある四字略語だ。

[海上忍,ITmedia]

What's ワンセグ?

photo いまやワンセグ対応携帯電話は珍しくなくなった(写真はNTTドコモ N905i)

 ワンセグは、地上デジタル放送の帯域を使用した移動体向けテレビ放送サービス。2006年4月に本放送がスタート、携帯電話やノートPC、電子辞書など、ワンセグ対応の小型端末も急速に普及している。

 ワンセグという名称は、その電波の使い方に由来する。地上デジタル放送では、チャンネル1つの帯域を13単位(セグメント)に分割、うち12をSD/HD放送に、残り1つを移動体に適した伝送方式へ割り当てている。セグメント1つを使う「ワンセグメント放送」、略してワンセグ、というわけだ。

 地上デジタル放送では、セグメント1つあたり429kHzの帯域が割り当てられているが、ワンセグが使用できるビットレートは312kbps。そこに映像と音声、さらには文字放送用のデータまで含めなければならないため、データの符号化方式(コーデック)には「H.264/AVC」など高圧縮率の規格が採用されている。これが、PC用ワンセグチューナーが高いCPUスペックを要求する理由の1つだ。

 ビットレートの制約ゆえに、ワンセグの画面サイズは320×240または320×180ピクセルと少し小さめ。移動体向けのテレビ放送サービスであり、居間の大型テレビでじっくり楽しむ、という利用スタイルは想定されていない。今後も携帯電話やカーナビ、PSPやニンテンドーDSといったゲーム機など、小型モニタを備えるデバイスが主要ターゲットとなるだろう。

 ワンセグチューナーには、不正コピー防止用のICや暗号化プログラムが搭載されているため、視聴の際にB-CASカードは必要なく、機種によっては録画も可能だ。コピープロテクトが施されるため、録画した機器でなければ再生できないが、ニュースなど“見たら消す”的な番組の録画には便利だ。

これからのワンセグ

 携帯電話を中心に対応機種が急増中のワンセグだが、問題点もいくつか指摘されている。

 その1つが、視聴条件の厳しさ。地下鉄や高速移動中の車では、カバーエリア内であっても安定した視聴は難しい。アナログ放送の場合、映像の品質は低下しても音声のみ聞き取り可能、といったあいまいな使い方ができたが、オール・オア・ナッシングなデジタルの場合、なにも見えずなにも聞こえないことになる。微弱な電波で再送信する、といったサービスが現れるかどうかが今後の鍵だ。

 もう1つは、コンテンツに独自性がないこと。現状のワンセグ放送は、通常の地デジ番組とまったく同内容(サイマル放送)がほとんどで、携帯電話の通信機能を生かした双方向型サービスはあまり普及していない。とはいえ、新しい動きがないわけでもない。先日発表された、テレビ東京のスキー場クーポン配布(関連記事)や、テレビ新広島のワンセグ放送とSNSを連動したシステム(関連記事)といった試みは、今後のワンセグ向けコンテンツを占う試金石となるはずだ。

日本のワンセグ放送の仕様
変調方式 OFDM/QPSK
符号化率 1/2
総ビットレート 約312Kbps
コーデック(映像) H.264/AVC
コーデック(音声) AAC、SBR
解像度 320×240(4:3)、320×180(16:9)
音声モード モノラル/ステレオ/2chモノラル(主/副)
データ放送 BML

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう