ニュース
» 2008年01月22日 19時40分 UPDATE

ソニー、広帯域録音可能なICレコーダー

ソニーがICレコーダーの新製品「ICD-SX88」「ICD-SX78」を発売。80〜20000Hzまでという広帯域録音が可能で、楽器演奏の録音にも適する。

[ITmedia]

 ソニーは1月22日、ICレコーダー「ICD-SX88」「ICD-SX78」を2月21日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2Gバイトのメモリを搭載するICD-SX88が2万5000円前後、1Gバイトのメモリを搭載するICD-SX78が2万円前後。

photophoto 「ICD-SX88」「ICD-SX78」

 新製品は80〜20000Hzまでという広帯域録音の可能な録音モード「STHQ」(ステレオハイクオリティモード)を搭載。10ミリ径の高感度マイクを内蔵するほか、録音レベルの手動調節も行えるため、記事録の作製などビジネスシーンのほか、楽器演奏の録音などにも活用できる。

 録音モードにはSTHQ以外にもST(ステレオ標準)/STLP(ステレオ長時間)/SP(モノラル標準)/LP(モノラル長時間)が用意されており、ICD-SX88ならSTHQモードで35時間30分、LPモードならば約763時間15分の長時間録音が行える。録音には同社独自のコーデック「LPEC」が利用されており、PC上での再生には「Digital Voice Editor」が必要となっている。

 単四形ニッケル水素充電池が付属しており、録音時の再生可能時間は最長で約19時間(LPモード時)。同梱のUSBケーブルでPCとの接続すれば、充電池の充電も同時に行える。マイク/オーディオ兼用の入力端子を備えており、サイズは30.8(幅)×119.3(高さ)×14.9(奥行き)ミリ、74グラム(電池含む)。

関連キーワード

ソニー | ICレコーダー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう