ニュース
» 2008年01月29日 14時56分 UPDATE

ソニー、BD/DVDレコーダーのダビング10対応機種を発表

ソニーが同社BD/DVDレコーダーのダビング10対応対応機種をアナウンスした。

[ITmedia]
photo ダビング10対応予定のBlu-ray Discレコーダー「BDZ-X90」

 ソニーは1月29日、同社Blu-ray DiscならびにDVDレコーダーについて、運用開始が予定されているデジタル放送のコピー制御方式「ダビング10」に対応するソフトウェアアップデートを行うと発表した。アップデートはデジタル放送ダウンロードによって行われる予定で、提供開始時期は未定。

 ダビング10対応予定機種はBlu-ray Discレコーダーが「BDZ-X90」「BDZ-L70」「BDZ-T70」「BDZ-T50」「BDZ-V9」「BDZ-V7」、DVDレコーダーが「RDZ-D900A」「RDZ-D800」「RDZ-D700」の合計9種で、これら以外の機種についてはダビング10運用開始後もコピーワンスでの利用となる。

 アップデートを行った機種については、ダビング10運用開始後、本体HDD容量に録画した「ダビング10番組」は最初の9回まではコピーとなり、最後の1回はムーブとなる。デジタル放送の番組すべてが「ダビング10番組」とはならず、コピーワンスで放送される番組も残る予定だ。

 なお、JEITAなどによれば、地上デジタル放送については6月ごろにダビング10の運用が開始される予定となっているが、その他のデジタル放送についての開始時期は未定となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう