ニュース
» 2008年02月01日 15時11分 UPDATE

シグマ、500ミリでもF2.8の大口径望遠レンズ

焦点距離500ミリで開放F2.8を実現する大口径望遠レンズ「APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DG」を、シグマが発表。専用テレコンを使えば1000ミリで開放F5.6の撮影もできる。

[ITmedia]

 シグマは2月1日、大口径望遠ズームレンズ「APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DG」を発表した。キヤノン用を4月下旬から、シグマ用とニコン用を6月から発売する。価格は262万5000円。

photo APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DG

 望遠レンズとして撮影頻度の高い焦点距離200〜500ミリの全域で開放F2.8という明るさを実現したほか、付属の専用テレコンバーター「400-1000mm F5.6 Attachment」を装着することで、400-1000ミリを開放F5.6でカバーする超望遠AFズームレンズとして使用できる。

 13群17枚で構成されたレンズには、ELD(Extraordinary Low Dispersion:特殊低分散)ガラス3枚、SLD(Special Low Dispersion:特殊低分散)ガラス1枚を採用し、諸収差を補正。開放から高い描写性能を発揮する。また、フレア・ゴーストの発生を軽減するスーパーマルチレイヤーコートも採用した。

 ズームとAFを駆動する電力は、レンズ本体に収納される専用バッテリー「Li-ionバッテリーパックBP-21」から供給される。レンズ後部には撮影距離と焦点距離を表示する液晶パネルを搭載し、使い勝手の向上が図られている。

 レンズフードを標準装備。フィルター径は72ミリで、後部差し込み式を採用する。また、独自のフィルター枠回転機構により使い勝手を向上させている。フードを含むボディサイズは、236.5(最大径)×726(全長)ミリ。重さは15.7キログラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう