ニュース
» 2008年05月22日 17時48分 UPDATE

ヤマハ、リーズナブルになったハイグレードHi-Fi「S1000」シリーズ

ヤマハは、ハイグレードHi-Fiの新製品としてプリメインアンプ「A-S1000」とCDプレーヤー「CD-S1000」を6月下旬に発売する。S2000シリーズのコンセプトを継承しつつ、価格帯を引き下げた。

[ITmedia]

 ヤマハは5月22日、ハイグレードHi-Fiの新製品としてプリメインアンプ「A-S1000」とCDプレーヤー「CD-S1000」を発表した。昨年末に発売した「S2000シリーズ」のコンセプトを継承しつつ、価格を引き下げた普及モデルだ。6月下旬に発売する。

photophoto 「A-S1000」(左)と「CD-S1000」(右)
型番 概要 希望小売価格 発売日
A-S1000 プリメインアンプ シルバー 15万5400円 6月下旬
CD-S1000 CDプレーヤー シルバー 13万3350円 6月下旬

 A-S1000は、に採用された「フローティング&バランス・パワーアンプ」方式や3連パラレル方式トーンコントロールなどの基本設計を踏襲しながら、アナログRCA入力に特化して設計したプリメインアンプ。出力段のプラス側とマイナス側に同一極性の出力素子を採用し、NFB(Negative Feedback)や電力供給を左右のチャンネルそれぞれのプラスとマイナス側を独立させ、スピーカー駆動を完全に対称化した。

photo ヤマハのHi-Fiスピーカー「Soavo-2」と組み合わせた例。サイドウッドはSoavo-2の「ナチュラルバーチ」と統一されている

 パワーサプライは、グラウンドから完全にフローティングされた計4基(2chの左右向け)を搭載。ほかにもコントロールアンプなどの省電力回路には電流変化に伴う音質変化を防ぐ12基のシャント方式ローカルレギュレーターを採用するなどして“クリーンで安定した電源供給”を実現したという。

 定格出力は140ワット+140ワット(4オーム時)。フォノ(MM/MC)、チューナー、CDなど5系統の音声入力を備える。

 外形寸法は、435(幅)×465(奥行き)×137(高さ)ミリ。重量は22キログラム。本体中央を前後にセンターフレームが貫き、底面には特製レッグを採用して剛性を高めている。フロントパネルにはヘアライン加工を施し、ナチュラルバーチのサイドウッドを組み合わせた。

 CD-S1000も上位機種「CD-S2000」の基本設計を踏襲している。例えば、S/N比を向上させるため、プラス側とマイナス側にそれぞれ独立したD/Aコンバーターを搭載。メカニズム部にはCD-S2000と同等のサイレントローダーを採用している。

 対応メディアは、SACD、CD、CD-R/-RWで、MP3やWMAの再生も可能。ピュアダイレクトモード時には、本体のディスプレイを消灯するとともにデジタル回路も停止することでアナログ音声出力への影響を排除する。音声出力端子は、光デジタル、同軸デジタル、アナログRCAの3種類だ。

 本体は中央にディスクドライブを配置。その前後を貫く形でセンターフレームを装着し、オーディオ部と電源部を左右に分けることでノイズを防いだ。また脚部にはA-S1000と同様に接地を安定させる特製レッグを装着している。外形寸法は435(幅)×137(高さ)×440(奥行き)ミリ。重量は約15キログラム。

関連キーワード

ヤマハ | オーディオ | SACD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.