ニュース
» 2008年07月11日 19時17分 UPDATE

デノン、8万円台のHDオーディオ対応AVアンプ「AVC-1909」発売

デノンはエントリークラスのAVアンプ2機種を発表した。7.1chアンプ搭載の「AVC-1909」と5.1chの「AVC-1509」をラインアップ。AVC-1909はロスレス音声のデコードにも対応する。

[ITmedia]

 デノンは7月11日、エントリークラスのAVアンプ2機種を発表した。7.1chアンプ搭載の「AVC-1909」と5.1chの「AVC-1509」をラインアップ。いずれも7月下旬に発売する予定だ。価格はAVC-1909が8万4000円、AVC-1509は5万400円。

photophoto 「AVC-1909」。本体カラーはプレミアムシルバーのみ

 AVC-1909は、ドルビーTrue HDやdts-HD MA(Master Audio)といったHDオーディオ対応のデコーダーを搭載。アンプは各チャンネル90ワット(定格)で、マルチゾーン機能やサラウンドバックチャンネルのスピーカー出力をフロントバイアンプに割り当てるアンプアサイン機能を備えている。また、別売のiPod用コントロールドック「ASD-3N/3W」を接続すれば、iPod内のコンテンツ再生(音楽、写真、動画)も楽しめる。

 HDMI端子は入力3系統、出力1系統。Deep Colorやx.v.Color、Auto Lipsync、High Bit-rate Audioをサポートしたほか、HDMIコントロールにも対応しており、シャープ、パナソニック、東芝、日立製作所、三菱電機のHDMIコントロール対応テレビと組み合わせた場合、テレビのリモコンによって電源のオン/オフやボリューム調整といった主要な機能を操作できる(対応メーカーは7月11日現在)。またDVDやVHSなどのSD映像信号を最大1080PでHDMI出力できるアップスケーラーも搭載した。

 このほか、付属のマイクを使ってスピーカーの初期設定を自動的に行うオートセットアップ機能、コンテンツやソースの違いによる音量の大小をリアルタイムに調整するAudyssey Dynamic Volume、音声信号の伝送を最小経路にするピュアダイレクトモードといった機能を持つ。外形寸法は、434(幅)×377(奥行き)×171(高さ)ミリ。重量は11.4キログラム。

photophoto 「AVC-1509」もプレミアムシルバーのみ

 一方のAVC-1509は、HDオーディオ非対応のエントリーモデル。Deep COlor対応のHDMI端子を入力2系統と出力1系統装備した。ただし、スイッチング入出力のため、デジタルオーディオ入力には別途、光デジタルもしくは同軸デジタル接続が必要になる。

 アンプ出力は各チャンネル75ワット(定格)。オートセットアップ機能やAudyssey Dynamic Volume、iPod用のコントロールドック用端子といった仕様は上位モデルと同じだ。外形寸法は434(幅)×377(奥行き)×171(高さ)ミリ。重量は10.7キログラム。

関連キーワード

デノン | HDMI | iPod | AVアンプ | Dolby | dts


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.