レビュー
» 2008年07月17日 16時18分 UPDATE

iPhone 3G短期集中連載:iPhone 3Gの復元、そして電話と日本語入力 (1/3)

多機能なiPhone 3Gは扱うデータの種類も量も多い。そこで欠かせないのがバックアップと復元だ。電話機能と日本語入力についても確認しよう。

[荻窪圭,ITmedia]

復元と電話機能と日本語入力

 ちょっと長い前書きから。

 実はiTunesの超重要な機能に「iPhone 3Gのバックアップ」があるが、これはなかなかエライ。iPhone 3Gがトラブってどうにもならなかったとき、バックアップを使ってiTunesから復元できるのだ。PCでいう「HDD初期化&OSのクリーンインストール&バックアップからの復活」を一度にやってくれるのである。今日、それをやってみた。

 「iPhone 3Gの復元」を実行すると、まず、iTunesはサーバから「iPhone 3Gの最新ファームウェア」をダウンロードする。そしてiPhone 3を完全に初期化し、ダウンロードしたファームウェアをインストールするのだ。これで工場出荷時の状態に戻る。時間がかかる作業なので、不安を覚えつつのんびり待つ。

 やがてiPhone 3Gが再起動すると、iTunesはそのiPhone 3Gを「新しいiPhone 3Gとして設定」するか「バックアップから復元するか」尋ねてくれるのである。エライっ。

photo このアラートが出て、iPhone 3Gの初期化と復元がなされる
photo ファームウェアを入れ終わると、次は「バックアップから復元」するか新しいiPhoneとして使うかを尋ねられる

 復元すると初期化前の状態に戻る。撮った写真とか、メールアドレスなどの設定、受け取ったメールやSMS、着信履歴など、初期化する以前に蓄積されたデータと作業が復活するのである。ちょっと感動。あとは音楽や映像、アプリケーションなどを同期し直すと完了である。

 なぜ今回「復元」したかというと、復元するとiPhone 3Gのファームウェアが少し上がって、動作がちょっと安定するという噂を聞いたから。確かに、ダウンロードできた最新ファームウェアは、初日に購入したiPhone 3Gのファームウェアに比べてほんのちょっとバージョンが上がっていた。

photo 左が復元前の、右が復元後のバージョン。ほんのちょっとだけ(気のせいかというくらい)数字が上がってる。

 新しくしてもほとんど違いは分からなかったのだが、明らかに改善されるような改良があれば別途、正式にアナウンスされるだろう。

 ここでいいたいのは、iTunesが毎回ちゃんとiPhone 3Gをバックアップしてくれるおかげで、iPhone 3Gを完全に初期化しても、ちゃんと元の状態に戻ってこれるぞ、ということ。

 例えば、iPhone 3Gのバッテリーを交換すると本体ごとの交換となる。だったらそれまで受け取ったメールやSMSのメッセージアドレスや撮った写真はどうなるのか……。iTunesにつないでバックアップから復元すれば、すべてきれいに元に戻るのである。

 iPhoneが壊れようがどうなろうが、水没させて新しいiPhoneに交換することになろうが、普段からiTunesにつないでバックアップしてあればちゃんと復元できるのだ。えらいもんだと思う。iPhoneが今までの携帯電話と違うのはユーザーインタフェースだけじゃないのだ。iPhoneを買った人はちゃんとiTunesとマメに同期させ、バックアップをとっておくべし。転ばぬ先の杖である。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.