ニュース
» 2008年07月28日 16時27分 UPDATE

シャープ、コンテンツダウンロード対応のカラー電子辞書

シャープが5型ワイド液晶を搭載した電子辞書“Brain”シリーズを発売。カラー液晶ながら80時間の連続使用が可能で、ネット経由のコンテンツ拡張にも対応する。

[ITmedia]
photo

 シャープは7月28日、電子辞書の新製品“Brain”シリーズ2製品「PW-AC880」「PW-AC830」を8月20日より順次販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格はPW-AC880が4万5000円前後、PW-AC830が4万円前後。

 新製品は5型ワイド(480×320ピクセル)のカラー液晶を搭載、大容量バッテリーの搭載と省電力化により、従来製品(PW-TC930)比で約3倍となる、約80時間の連続表示が行える。開発にあたっては「新モバイルASV液晶」を開発したモバイル液晶事業本部も参加するなど、携帯電話やPC、PDAの開発で培われた同社のさまざまなノウハウが投入されている。

 PW-AC880とPW-AC830では収録コンテンツが異なり、PW-AC880は100コンテンツ、PW-AC830は40コンテンツを収録する。国語辞典の「スーパー大辞林」、漢字辞典の「漢字源」、英和辞典の「ジーニアス英和辞典」、英英辞典の「オックスフォード現代英英辞典」、百科事典の「ブリタニカ国際大百科事典」などは両製品が搭載する。PW-AC880はそれらに加え、「経済新語辞典07」「脳を鍛える大人の計算ドリル」「角川日本史事典」など、ビジネスや生活に役立つコンテンツを搭載している。

photophotophoto カラーは「クリアシルバー」「ノーブルブラック」「ワインレッド」「クリスタルホワイト」「コズミックブルー」の5色(写真=左)、キーボード手前には手書き入力エリアも用意される(写真=中、右)、

 新製品の発売にあわせてオープンする専用サイト「ブレーンライブラリー」からコンテンツを購入し、辞書やアプリケーションの拡充も行える。サービス開始時には60のコンテンツを新たに用意する。XMDFフォーマットの電子書籍も閲覧できるため、電子書籍販売サイト「SpaceTownブックス」で販売されている約1万9400のコンテンツも本製品で楽しめる。

 なお、ブレーンライブラリーの利用には、PCへ専用アプリケーションのインストールが必要となり、辞書やアプリケーションを転送する際にもPCを利用する。ただし、PC上での閲覧は行えないほか、コンテンツにはDRM処理が施されており、登録した端末のみでしか転送と閲覧が行えない仕様となっている。

photophotophoto ブレーンライブラリーでのコンテンツ購入と転送にはPCが必要(写真=左)、ブレーンライブラリーで販売される辞書や書籍の価格はそれぞれ異なる。三省堂「模範六法」の価格は5460円(写真=中、右)

 豊富なコンテンツを活用する新機能も搭載する。言葉から探すだけではなく、画像や動画、地図といった切り口から収録されている項目を検索できるほか、キーワードを最大3つまで設定すると、推定される英会話の例文を提示してくれる「会話アシスト」機能も備えている。例文は読み上げも行える。

photophotophoto 言葉以外からも調べ物ができる「カラー図鑑」(写真=左)、キーワードから会話文を推定してくれる「会話アシスト」(写真=中、右)

関連キーワード

電子辞書 | シャープ | Papyrus | 電子書籍 | XMDF


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう