ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年11月15日 17時34分 公開

あの鳥どんな鳴き声だったっけ……:“音声図鑑”も搭載した機能満載なワンセグ電子辞書

シャープが業界初の“音声図鑑”を搭載したワンセグ電子辞書を発表。鳥や虫の鳴き声、クラシックの名曲など、文字では説明しにくい情報も“聞いて”確認できる。

[ITmedia]

 シャープは11月15日、電子辞書“Papyrus”(パピルス)の新製品として、業界初の「音声図鑑」を搭載した「PW-TC930」シリーズを発表した。11月23日から販売を開始し、価格はオープン。実売想定価格は5万3000円前後。

photo ブラックのPW-TC930-B(左)とホワイトのPW-TC930-W(右)

 約25万2000項目を収録した「スーパー大辞林3.0」には、動植物のカラー画像(約1000点)に加え、クラシックの演奏(200曲)や、鳥/虫などの鳴き声(約270音)を紹介する音声図鑑も収録されており、文字だけではわかりにくい情報を画像や音で確認できる。

 そのほか、「ブリタニカ国際大百科事典」や、業界初収録の米国人ネイティブスピーカーによる約5万語の発音データ「Genius Sounds V4」が入った「ジーニアス英和辞典 第4版」など、日常生活・ビジネス・海外旅行などに役立つ40コンテンツを搭載した。

 4.3インチのカラーASV液晶(480×272ピクセル)を備え、ワンセグ放送の視聴が可能。地域ごとに受信放送局を自動登録する「選局リスト」機能を搭載する。また、モニター部に回転ヒンジを採用し、水平方向に180度回転させることが可能で、通常の「辞書スタイル」のほか、机の上などに置いて見るのに適した「テレビスタイル」、手で持ちながら視聴するのに便利な「ハンドスタイル」など、シーンにあわせて形状を変更できる。

 そのほか、読めない漢字などを手書きで検索できる「手書きパット」を搭載。SDメモリーカード(1Gバイトまで対応)に記録したJPEG画像のスライドショーや、電子書籍の閲覧、MP3音源の再生などにも対応する。またドイツ語や中国語、動物図鑑などのコンテンツカードをオプションで追加できる。

 サイズは約132(幅)×約24(高さ)×約91.7(奥行き)ミリ(突起部含む)で、重さは約300グラム。リチウムイオン充電池を内蔵し、本体コンテンツを約20時間連続使用できる(ワンセグ視聴は約5時間)。

関連キーワード

辞書 | 電子辞書 | ワンセグ | シャープ | Papyrus


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.