特集
» 2008年08月04日 12時23分 UPDATE

サラウンドで北京五輪を堪能する:第2回:小粒なのにピリリ、“ゴルフボール大スピーカー”のソニー「HT-IS100」 (1/2)

五輪直前サラウンド企画の第2弾は、前回に続きソニー製品。ゴルフボール大のスピーカーで注目を集めた5.1チャンネルシステム「HT-IS100」を取り上げよう。

[野村ケンジ,ITmedia]

 五輪直前サラウンド企画の第2弾は、前回に続きソニー製品。ゴルフボール大のスピーカーで注目を集めた5.1チャンネルシステム「HT-IS100」を取り上げよう。

photo ソニーの5.1チャンネルシステム「HT-IS100」

今回取り上げるサラウンド製品のラインアップ


製品の特徴

 HT-IS100は、アンプ内蔵のサブウーファーユニットと5チャンネル分のスピーカーがセットとなった、構成としてはオーソドックスなサラウンドシステムだ。しかしながらこの製品、ユニークなことに採用スピーカーが、約43(幅)×43(高さ)×40(奥行き)ミリという、ゴルフボールほどのサイズ。数が多いうえに大きさ的にもかさばりがちなスピーカーを、極限まで小さくすることで設置性を大幅に向上させたという、明快なコンセプトを持つ製品となっている。

photophoto 5.1chシステムながらも、50ミリ四方に満たないフロントスピーカーを用意することで設置性を大幅に向上させたHT-IS100。サブウーファーユニットも黒を基調にしたシックなデザインでまとめられている(左)。5.1チャンネル分のアンプを内蔵しながらもフルデジタルアンプを採用することでコンパクトなサイズを実現したサブウーファーユニット(右)

 設置性を最優先しながらも、機能性やサウンドクオリティにおいても手抜かりはない。付属のマイクを使って部屋の音響特性を測定し、最適なサラウンド空間を実現する自動音場補正機能を搭載。環境によってベストな位置にスピーカーが設置できない場合でも、簡単に質の高いサラウンド空間を作り上げることができる。

 サブウーファーユニットも、12センチのアコースティックサスペンション(密閉)型と16センチバスレフ型コーンと2つのスピーカーを駆使することで、小型ながらも強大な低音を確保。また底部に反射板を採用し、カーペットやフローリングなど、床材による音質への影響も最小限に抑えこまれている。

 サブウーファーユニットに内蔵されるパワーアンプは、ソニーお得意の32ビットフルデジタルアンプ「S-Master」。サブウーファーユニットの小型化と音質向上を両立させた。

 このほかにもソニー製の対応テレビを接続することで電源の連動オン/オフや音量調整、視聴中の番組ジャンルに合わせてサウンドモードの自動切替を行う「オートジャンルセレクター」などの機能を持つ「ブラビアリンク」、1080P/x.v.Color映像、リニアPCM7.1ch音声に対応したHDMI入力端子を3系統装備。本格サラウンドシステムの代替となりうる、充実した内容を持ち合わせている。

photophoto 外部入力はHDMI×3、光デジタル×3、同軸×3、アナログ×1とAVアンプ並みの豊富さを誇る。オプションのデジタルメディアポートアダプター「TDM-NW10」を利用すればウォークマンも簡単に接続可能(左)。リモコンは接続したBDプレーヤーなども簡易コントロールできるマルチタイプ。設定などのシステム操作もこちらを使って行うが、使い勝手は上々(右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう