ニュース
» 2008年08月26日 14時29分 UPDATE

DIGIC 4搭載の新ミドルクラス「EOS 50D」 (1/2)

キヤノンがハイアマチュア向けデジタル一眼レフ「EOS 50D」を発売。新開発の15メガCMOSと画像処理エンジン「DIGIC 4」を搭載する。

[ITmedia]

 キヤノンは8月26日、デジタル一眼レフカメラ「EOS 50D」を9月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、ボディのみの実売想定価格は15万円前後。「EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS」ならびに「EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM」とのレンズキットも用意され、実売想定価格は前者が22万円前後、後者が20万円前後。

photo 「EOS 50D」
photophoto 「EOS 50D」。EOS 40Dから基本的なスタイルに変更はない

 昨年9月に発表された「EOS 40D」の上位モデルに位置づけられる製品(レビュー:EOS 40D)。新開発されたAPS-Cサイズ(22.3×14.9ミリ)の有効1510万画素CMOSセンサーを搭載し、こちらも新開発の画像処理エンジン「DIGIC 4」を組み合わせる。

 CMOSセンサーは加工プロセスやフォトダイオードの開口率をアップさせるとともに、オンチップレンズ間のすき間をなくしたギャップレスマイクロレンズを採用することで集光効率を向上させ、高い解像感と低ノイズを両立した。ISO感度の常用範囲は100〜3200で、感度拡張によって最高12800の設定も行える。ノイズリダクション機能は弱め/標準/強め/しないの4段階で調整できる。

photophoto

photophotophoto 新開発CMOSセンサーの特徴。高画素化を進めながらも開口率はアップしている(写真=左)、DIGIC 4の搭載によって連写速度が向上(写真=中、右)

 本製品が初の搭載となる「DIGIC 4」は約30%の処理速度の向上が図られたほか、CMOSセンサーからの信号を14ビット処理(1万6384階調処理)することで、幅広い階調表現と豊かな色再現を可能とした。

 この採用によって、暗部コントラストを自動補正する「オートライティングオプティマイザ」は4段階の設定が行えるほか、最高約6.3枚/コマの連続撮影が可能。連続撮影については高速(約6.3枚/コマ)と低速(約3コマ/秒)の切り替えが行えるほかCFA 4.1 UDMA Modeに対応しており、対応メモリーカードを使用した際には、JPEG(ラージ/ファイン)で約90枚、RAWで約16枚の連続撮影が行える。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう