速報
» 2008年08月28日 13時48分 UPDATE

ソニー、LEDバックライト搭載型や9.9ミリの最薄型など新「BRAVIA」4シリーズを発表

ソニーは8月28日、液晶テレビ「BRAVIA」の新製品4シリーズ8製品を発表した。“BRAVIA史上最高画質”や“世界最薄モデル”などバラエティに富んだラインアップ。10月10日から順次発売する。

[ITmedia]

 ソニーは8月28日、液晶テレビ「BRAVIA」の新製品4シリーズ8製品を発表した。LEDバックライトの採用により、ダイナミックコントラスト100万:1を実現した“BRAVIA史上最高画質”の「KDL-55/46XR1」、最薄部でわずか9.9ミリ厚という“世界最薄モデル”「KDL-40ZX1」などバラエティに富んだラインアップをそろえた。10月10日から順次発売する。

photophoto ソニー、代表執行役副社長コンスーマービジネスグループ担当の井原勝美氏

XR1シリーズ

photo

 RGB LEDバックライトシステム「トリルミナス」を進化させた新システムに部分駆動(エリア制御)を組み合わせ、ダイナミックコントラストなら100万:1相当というコントラスト比を手に入れた“BRAVIA史上最高画質” →詳細記事

型番 サイズ 実売想定価格(価格はオープン) 発売日
KDL-55XR1 55V型 75万円前後 10月10日
KDL-46XR1 46V型 60万円前後 10月10日

X1シリーズ

photo

 F1シリーズの流れをくむ狭いベゼルを採用。46V型でも横幅は従来の42V型相当という狭額デザインと「BRAVIA ENGINE PRO2」を搭載した“リアリティー”モデル→詳細記事

型番 サイズ 実売想定価格(価格はオープン) 発売日
KDL-52X1 52V型 53万円前後 10月10日
KDL-46X1 46V型 43万円前後 10月10日
KDL-40X1 40V型 32万円前後 10月10日

ZX1

photo

 ディスプレイ部は最薄部がわずか9.9ミリ厚という“世界最薄モデル”。最も厚い部分でも27ミリと他社の“超薄型”並み。別体のチューナーとは無線接続のため、どこに置いても使えるレイアウトフリー →詳細記事

型番 サイズ 実売想定価格(価格はオープン) 発売日
KDL-40ZX1 40V型 49万円前後 11月10日

W1シリーズ

photo

 240Hz駆動の液晶パネルを搭載した“世界初4倍速モデル”→詳細記事

型番 サイズ 実売想定価格(価格はオープン) 発売日
KDL-40W1 40V型 29万円前後 11月10日
KDL-46W1 46V型 40万円前後 11月10日

 型番から分かるように、新製品はいずれも40V型以上。37V型以下に関しては、春モデルの「F1シリーズ」と「V1シリーズ」、そして省エネモデルの「KDL-32JE1」が継続販売される。

photophoto 最薄部でわずか9.9ミリ厚という“最薄モデル”「KDL-40ZX1」(左)と「KDL-55/46XR1」のLEDバックライト(右)

 ソニー、代表執行役副社長コンスーマービジネスグループ担当の井原勝美氏は、「年末に向けBDやデジカメなど続々と投入される。今回のソニーコンスーマープロダクトは本当に強い。期待してほしい」と話している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう