ニュース
» 2008年09月26日 15時59分 UPDATE

早撃ちゲームもできます:撃ってスッキリ朝のお目覚め、バンダイ「ガンオクロック」

バンダイは、エンターテイメント系目覚まし時計「Gun O'clock」(ガンオクロック)を11月に発売する。起床時刻になると、アラーム音とともに的がむっくりと起き上がり、専用ガンで撃つまで止まらない。

[芹澤隆徳,ITmedia]
photo 「Gun O'clock」(ガンオクロック)

 バンダイは9月28日、エンターテインメント目覚まし時計「Gun O'clock」(ガンオクロック)を発表した。価格は4095円で、11月15日に発売する。

 起床時刻になると、アラーム音とともに的(まと)がむっくりと起き上がり、中央が赤く点滅。中心を狙って専用ガンのトリガーを引けば、赤外線で反応して的がクラッシュ音とともに倒れる仕組みだ。

 しかも専用ガンからは銃撃音が鳴り、上部がブローバック。射撃の感覚と命中したときの爽快(そうかい)感を味わえる、自称「世界一スッキリ起きられる目覚まし」(バンダイ、プレイトイ事業部の亀田真司氏)。

photophotophoto 赤外線があたると的が倒れる
photophotophoto 引き金を引くと、銃撃音が鳴り、専用ガンの上部がブローバック。爽快(そうかい)感を得るためにとくにこだわった点だという

 アラームには「ノーマル/ハード」という2つのモードがあり、ノーマルなら1回、ハードでは5回命中させなければ的は倒れない。さらに二度寝を防止するスヌーズ機能も搭載。「的を倒した後、本体の決定ボタンを3秒長押しするとファンファーレが鳴り、アラームモードが終了します。ボタンを押さずに放置しているとスヌーズ状態になり、5分後に再びアラームがなり出します」(同氏)。

早撃ちゲームも

 2つのゲームモードも搭載した。1つは早撃ちゲームの「タイムトライアル」。本体のボタンで「ゲーム1モード」に設定し、一回専用ガンで撃つとゲームスタート。ハイテンションな外人男性の声で「3・2・1……」とカウントダウンが始まり、0になると「カモーン!」。的が赤く光った瞬間に打ち抜こう。

 的に命中すると、早撃ちタイムが前面の表示パネルに表示され、タイムによって「ファンタスティック」や「エクセレント!」といったハイテンションなコメントが流れる。タイムは100分の1秒単位で表示されるため、家族や友人と競うこともできる。

 「実は、ある特定のタイムで止めるとシークレットボイスを聞くことができます。内容はお楽しみ」(亀田氏)。

photophoto 0.15秒はまずまず

 もう1つのゲームは「ランダムショット」。「ゲーム2モード」にして専用ガンで一回撃つとゲームスタート。「レディ?」の声とともに的が起き上がり、中央がランダムに光るため、光っている時を狙って的の中央を打ち抜こう。5回命中するとファンファーレが鳴る。「なお、的が光る時間は回を重ねるごとに短くなり、難易度が上がっていきます」。


 本体のサイズは130(幅)×132(奥行き)×45(高さ)ミリで、重量は約290グラム。専用ガンは145(幅)×113(高さ)×30(奥行き)ミリで約110グラム。電源として、単三形乾電池を本体に4本、専用ガンに2本入れる必要がある。赤外線の通信距離は約3メートル。

関連キーワード

バンダイ | おもちゃ | 大人 | 目覚まし時計


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.