ニュース
» 2008年11月28日 12時00分 UPDATE

声はあの人です:プニプニすると「わん♪」と鳴く肉球、エポック社から

エポック社から「にゃウンド肉球」に続く肉球第2弾、サ「わん!」ド肉球が登場する。ぷにぷにした肉球を押すと「わん♪」となくキーチェーン玩具。さて、“わんこボイス”の主は……?

[ITmedia]
photo サ「わん!」ド肉球。デザインは前作のテイストを完全に踏襲(流用ともいう)

 エポック社は11月28日、キーチェーン玩具“サ「わん!」ド肉球”を発表した。2009年1月にカプセル自販機版5種(各300円)と店頭販売版5種(各580円)の計10種を順次発売する。

 夏に登場した「にゃウンド肉球」に続く肉球第2弾。柔らかい樹脂素材で犬の肉球を再現し、押すたびに「わん♪」や「バウ」といった声が出る癒し系キーチェーン玩具だ。デザインは前作のテイストを完全に踏襲。店頭販売版には表面にフロッキー加工を施し、ふわふわの毛並みを再現した。本体サイズは45(幅)×20(奥行き)×41(高さ)ミリ。

 “わんこボイス”には、ドラマ「24-TWENTY FOUR-」のジャック・バウアー役で知られる俳優の小山力也さんを起用した。声優としても活躍する小山さんは、ポップな死神様(ソウル・イーター)からメイド(仮面のメイドガイ、コガラシ役)まで幅広い役柄をこなす実力派。シブい“大人の男性”の声でわんこボイスを仕上げた。

 もちろん、にゃウンド肉球と同じように肉球を29(にくきゅう)回押すと“シークレットボイス”が聞ける特典付き。内容は当然シークレットだが、中にはいつも大ピンチなのになんだかんだ死なない人をほうふつとさせるものもあるという。シークレットボイスは全部で10種類あり、商品によってそれぞれ異なる。

photo カプセル自動販売機版の“プニっとやみつき サ「わん!」ド肉球”は「しろわんこ」「しろわんこ(黒肉球)」「グレーわんこ」「軍用わんこ」「特殊捜査用わんこ」の5種類
photo 店頭販売用の“やみつき触感! サ「わん!」ド肉球”は、「ブチわんこ」「ちゃいろわんこ」「パパわんこ」「特別捜査用わんこ」「いっぴき狼」の5種類

 ラインアップもそれっぽい。カプセル自動販売機版の“プニっとやみつき サ「わん!」ド肉球”は、「しろわんこ」「しろわんこ(黒肉球)」「グレーわんこ」「軍用わんこ」「特殊捜査用わんこ」の5種類。一方、店頭販売用の“やみつき触感! サ「わん!」ド肉球”は、「ブチわんこ」「ちゃいろわんこ」「パパわんこ」「特別捜査用わんこ」「いっぴき狼」の5種類をラインアップした。

 対象年齢は6歳以上(→「わん♪」と鳴く肉球をさっそく動画でチェックする)。

関連キーワード

| エポック社 | おもちゃ | 自動販売機 | 声優 | 癒し


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.