ニュース
» 2009年11月17日 15時36分 UPDATE

ラディウス、独自形式ドライバ搭載のイヤフォン「W【ドブルベ】HP-TWF11」

ラディウスは独自構造「DDM」方式ドライバーを搭載したカナル型イヤフォン「W【ドブルベ】HP-TWF11」を11月下旬より販売開始する。

[ITmedia]
photo 「W【ドブルベ】HP-TWF11」

 ラディウスは独自構造「DDM」方式ドライバーを搭載したカナル型イヤフォン「W【ドブルベ】HP-TWF11」を11月下旬より販売開始する。価格はオープン。

 採用されているDDM(Dual Diaphragm Matrix)方式とは、中低域用と高域用の2枚の振動板を1つのドライバーユニットに内蔵し、2つの音域をそれぞれ別の振動板でならすことで「レンジの広い、ダイナミックかつ立体的なサウンドを生み出す」(同社)方式。

 デュアルバランスドアーマチェア方式に比べ、ドライバユニットがダイナミック型をベースとした構造のため、2つのドライバが発生させる音域に重複する部分が多く、厚みのあるサウンドとなるという。内蔵する2つのドライバ径は15ミリおよび7ミリで、再生周波数帯域は10〜18000Hz。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう