ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イヤフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イヤフォン」に関する情報が集まったページです。

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
コラボモデルだって妥協なし! マンガ家を驚かせた、「カウボーイビバップ」ワイヤレスイヤフォンの“音”
以前、ワイヤレスイヤフォンを取り上げた回で「コラボモデルってスペック的にそんなに高くない製品が使われることが多い」というセリフがあったのですが、「音質面にこだわったコラボモデルだってあるよ!」というご指摘をいただきました。メーカーさんから。(2024/2/25)

エレコム、USB Type-C有線接続に対応したカナル型イヤフォン
エレコムは、USB Type-C接続に対応した有線型イヤフォン「EHP-DF12CM」シリーズを発売する。(2024/2/14)

インイヤー型の多目的ワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco Air3i」、4980円で2月15日発売
OPPOは、2月15日にインイヤー型の多目的ワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco Air3i」を発売。13.4mmの大型振動板を採用したドライバーユニットを採用し、充電ケースと合わせれば最長35時間利用できる。価格は4980円(税込み)。(2024/2/8)

ワイヤレスイヤフォンを収納できる小型ポーチがエレコムから 素材とサイズで選べる6アイテム
エレコムは、ワイヤレスイヤフォン向けコンパクトポーチを発売。スムーズに開閉できるファスナーやかばんなどに取り付けられるカラビナが付属し、3種類の素材それぞれでLサイズとSサイズを選択できる。(2024/2/7)

イヤーカフ型イヤフォン「HUAWEI FreeClip」2月20日発売 約2.8万円
ファーウェイ・ジャパンは、2月20日からイヤーカフタイプのオープン型イヤフォン「HUAWEI FreeClip」の一般販売を開始。価格は2万7800円(税込み)で、カラーはブラックとパープルの2色。(2024/2/2)

きのこの山イヤフォン、3月下旬に発売へ
「きのこの山」そっくりなデザインの完全ワイヤレスイヤフォンは3月下旬に発売へ。(2024/1/30)

「この曲何?」アプリの「Shazm」、ヘッドフォンでも利用可能に
Appleは曲名検索アプリ「Shazam」をアップデートした。端末に接続したヘッドフォンやイヤフォンで聴いている曲も検索可能になった。Bluetooth接続にも対応する。(2024/1/30)

オープン型イヤフォンなのに音漏れしない? 「HUAWEI FreeClip」を試した
今回取り上げる「HUAWEI FreeClip」は、耳に引っかけるタイプのワイヤレスイヤフォン。オープン型にも関わらず、音漏れが気にならないレベルに抑えられています。(2024/1/24)

Innovative Tech:
他人が装着するイヤフォンだけに“いきなり音楽を注入できる”システム 明治大が開発
明治大学の渡邊研究室に所属する研究者らは、ヘッドフォンやイヤフォンを装着している人のみが聞こえる音声や音楽を外部から挿入するシステムを提案した研究報告を発表した。(2024/1/9)

Amazon初売りセール:
オン/オフ問わずに使いたいJBLサウンドバーやヘッドセットがお得
1月3日にAmazon初売りセールが始まった。JBLは、サウンドバーやポータブルスピーカー、ワイヤレスイヤフォン/ヘッドフォン/ヘッドセットなどを出品している。オンタイム/オフタイムのどちらでも使い勝手が良さそうだ。(2024/1/3)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
セガ好きマンガ家、“メガドラ”イヤフォンを購入 コラボ商品って実際どうなの?
ワイヤレスイヤフォンの買い替えを検討していたところ、なんとオンキヨーからセガとコラボしたワイヤレスイヤフォンが発売されているのを見つけました! しかし担当編集からツッコミが……。(2023/12/31)

イヤーカフ型イヤフォン「HUAWEI FreeClip」をクラウドファンディングで先行公開
ファーウェイ・ジャパンは、イヤーカフタイプのオープン型イヤフォン「HUAWEI FreeClip」のクラウドファンディングを開始。左右の耳の自動識別や約8時間の連続音楽再生が可能で、最大20%オフで購入できる。(2023/12/19)

JBL、スケルトンデザインを採用したBluetooth完全ワイヤレスイヤフォン「JBL TUNE BEAM GHOST」
ハーマンインターナショナルは、同社製完全ワイヤレスイヤフォン「JBL TUNE BEAM」をベースとしたスケルトンデザイン採用のバリエーションモデル「JBL TUNE BEAM GHOST」を発表した。(2023/12/4)

「餃子の王将」のイヤフォンが「こんなのあるんだ」「ほしい」と話題に 夜空に“ぎょう座”がきらめく
かわいいダジャレデザインです。(2023/12/1)

100円ショップのガジェットを試す:
1100円のダイソー「完全ワイヤレスイヤホン」が意外と高機能でお値段以上だった
110円〜1100円程度で購入できるデバイスを試す。今回はダイソーのBluetoothイヤフォン「完全ワイヤレスイヤホン」を試してみる。1100円で購入できる上音質もそれなりに良好で、「今すぐイヤフォンが必要!」といった緊急の場合に取りあえず購入しておくのに向いている。(2023/11/25)

Amazonブラックフライデー:
最大52%オフ! ゼンハイザーのヘッドフォンやイヤフォンでいい音を楽しもう
年に一度のAmazonブラックフライデーの先行セールが11月22日に始まった。音響機器を展開するゼンハイザージャパンは、最大52%もの割引率で各種ヘッドフォンやイヤフォン、またノベルティグッズとのセットを販売している。(2023/11/23)

PR:オープンイヤー型ワイヤレスイヤフォン「OpenRock Pro」は装着感と音質が魅力 12月1日まで31%オフセールも
OneOdio(ワンオーディオ)の「OpenRock Pro」は、オープンイヤーのイヤフォンとしておすすめできる製品。耳をふさがず圧迫感や閉塞感がないので、長時間装着していてもストレスが少ない。独自開発のTubeBassテクノロジーで低音を強化しているのも特徴だ。(2023/11/20)

明治、「きのこの山」をイヤフォンに 127言語対応の翻訳機能も搭載 「たけのこの里」では耳にフィットせず?
明治は11月17日、チョコレート菓子「きのこの山」を模したイヤフォンを発表した。7月に明治公式X(旧Twitter)アカウントで話題になった企画を商品化した。発売日は後日発表するという。(2023/11/17)

きのこの山イヤフォン、まさかの商品化 完全ワイヤレス、127言語のAI翻訳機能付き
明治は17日、「きのこの山」をモチーフにした完全ワイヤレスイヤフォン「同時翻訳機能付 きのこの山イヤホン」を発表した。7月に“架空の雑貨”として話題になったものを本当に製品化する。(2023/11/17)

100円ショップのガジェットを試す:
ダイソーで売っている「330円イヤフォン変換アダプター(DAC付き)」はスマホやPCで便利に使える? 試してみた
最近は「100円ショップ」でもスマホやPCで使える周辺機器が販売されています。この記事では、ダイソー(大創産業)で税込み330円で販売されている「USB Type-C イヤフォンジャック変換コード 5cm 4極マイク対応」を試します。(2023/11/17)

Skullcandy、エントリーモデルのワイヤレスイヤフォン「Smokin' Buds」「Dime3」発売 4990円から
Skullcandy Japanは、エントリーモデルのワイヤレスイヤフォン2モデルを発売。再生プラスチックを50%使用した「Smokin' Buds」、ケース一体型のストラップで持ち運びやすい「Dime3」を販売する。(2023/11/14)

Dolby Atmos対応ワイヤレスイヤフォン「Jabra Elite 10」発売 防水+MIL規格対応「Jabra Elite 8 Active」も
GNオーディオジャパンは、11月9日にワイヤレスイヤフォン2モデルを発売。Dolby Atmos 空間サウンドに最適化した「Jabra Elite 10」、米国MIL規格に準拠する耐久性を備えた「Jabra Elite 8 Active」を展開する。(2023/11/10)

40周年×100周年記念:
ベルキンがディズニーとコラボ、充電器やiPhone 15ケースなどを一挙発売 “プラスチック排除”の取り組みも
ベルキンは11月7日、創立100周年を迎えたディズニーとコラボレーションした充電器やイヤフォンなど31アイテムを一気に発売した。アイテムはBelkin公式サイトの他、Amazon.cojp、楽天市場、家電量販店などで販売される。(2023/11/7)

ヒーター搭載したイヤフォン型端末がサンコーから登場 耳をじんわり温めてくれる
価格は4980円。(2023/11/6)

小寺信良のIT大作戦:
ブツ撮りするなら必需品? 「ヘリコイド付きマウントアダプター」がすごかった話
商品撮影で割と困るのが、イヤフォンなど小さいものや、製品の一部分のアップなど「マクロ撮影」が必要になるシーンだ。昔は、レンズとカメラの間に挟み込んでそれを可能にする「エクステンションチューブ」という商品もあったが、オールドレンズで使う「ヘリコイド付きマウントアダプター」を入手してみたところ、実に便利な商品だったのだ。(2023/11/3)

「就寝前のリラックスに」 サンコー、イヤフォン型で耳周辺を温める「耳ぽっか」発売
サンコーは2日、イヤフォンの形状をした耳を温めるグッズ「耳ぽっか」を発売した。4980円。(2023/11/2)

Qualcommの新サウンドチップ「S7 Pro Gen 1」、Bluetooth/Wi-Fi切り替え機能などを搭載
Qualtommは、イヤフォンやスピーカー向けサウンドプラットフォームQualcomm S7/S7 Pro Gen 1」を発表した。AI搭載で、ProはBluetooth接続先と離れるとWi-Fiに切り替わる機能もある。(2023/10/26)

異なるOSでも“スナドラ”搭載デバイスなら周辺機器やデータの連携スムーズに クロスプラットフォーム技術「Snapdragon Seamless」発表
SoCにSnapdragonを搭載するPCやスマートフォン、タブレットの間で、例えばマウスやキーボード、イヤフォンをシームレスに切り替えて動作させたり、ファイルやウィンドウをドラッグ&ドロップさせたりするような連携を行えるようになる。(2023/10/25)

約1.3万円でノイキャン搭載 ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds FE」10月19日発売
サムスン電子は、ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds FE」を発売。アクティブノイズキャンセリング機能を搭載したエントリーモデルで、充電ケースと併用で最大30時間の音楽再生を可能とする。価格は1万2925円(税込み)。(2023/10/12)

Innovative Tech:
AirPodsで脳信号を記録──イヤフォンに貼るセンサーを米研究者らが開発 ストレスや集中度を監視
米カリフォルニア大学サンディエゴ校に所属する研究者らは、脳活動と運動レベルをイヤフォンで連続的に記録するための柔軟なスクリーン印刷センサーに関する研究報告を発表した。(2023/10/10)

グリーンハウス、aptX対応ワイヤレスイヤフォン発売 ノイキャン&外音取り込み機能も搭載
グリーンハウスは、低遅延かつ高音質を実現したコーデック「aptX」に対応したワイヤレスイヤフォン「GH-TWSXシリーズ」を発売。アクティブノイズキャンセルや外音取り込み機能を搭載し、ケース併用で約15時間の連続再生が可能だ。(2023/10/6)

「Pixel Buds Pro」に会話検知などの新機能 クリアな音声通話も可能に
Googleは完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds Pro」のアップデート内容を発表した。人の会話を自動検知し、内容を聞き取りやすくする。新色の追加も発表された。(2023/10/5)

ながら聞きにピッタリ!? JBL初のオープンタイプ完全ワイヤレスイヤフォン「Soundgear Sense」を試して分かったサウンドとビデオ会議の音質
ハーマンインターナショナルのJBLブランドに、同社初となるオープンタイプの完全ワイヤレスイヤフォン「Soundgear Sense」が登場した。10月13日からの発売を前に、実機を試して分かったことをまとめた。(2023/10/5)

Jabraから3年ぶりのフラグシップ「Elite 10」とタフな「Elite 8 Active」が発売 実機を試して見えてきた選び方のコツ
GNオーディオが手がけるJabraブランドから、完全ワイヤレスイヤフォンの「Jabra Elite 10」と「Jabra Elite 8 Active」が発表された。両モデルの違いや新機能の特徴などを見ていこう。(2023/9/28)

新しい第2世代「AirPods Pro」はUSB Type-C対応だけではない! 独自の進化とiOS 17に合わせた進化の二刀流
iPhone 15シリーズなどの販売に合わせて、完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」もUSB Type-C対応に生まれ変わる。従来の製品名と同じなのはいただけないが、どのような変化があったのか、新モデルを林信行氏が試した。(2023/9/18)

あの定番イヤフォン「EarPods」もUSB-Cにリニューアル 早速試してみた
米Appleが販売を開始した、USB-C接続対応の「EarPods」を試してみた。3.5mmイヤフォンプラグやLightningコネクタに対応したEarPodsの最新版。セミオープン型で、引き続きマイクも搭載している。価格は2780円。(2023/9/19)

「本当に欲しかったiPhone」に反響 USBもLightningもイヤフォンも使える妄想イラストに「これ欲しい」と共感多数
ミニHDMIでの外部出力も標準で対応。(2023/9/14)

ソニーのノイキャンイヤフォン「WF-1000XM5」を試す 先代より5700円高いが、どこがどう進化した?
ソニーが9月1日に発売する完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM5」。先代「WF-1000XM4」(2021年6月発売、ソニーストア価格3万6300円)より5700円ほど高い。アクティブノイズキャンセリング(ANC)性能を強化しつつ、小型かつ軽量化を果たしたが、両モデルの比較で分かったことをお伝えする。(2023/8/28)

ゼンハイザー、TV視聴に特化したヒアリングサポートデバイス「TV Cleat Set 2」
Sonova Consumer Hearing Japanは、テレビ視聴をサポートできる完全ワイヤレスイヤフォン型デバイス「TV Cleat Set 2」を発表した。発売は8月30日の予定だ。(2023/8/25)

よく利用しているイヤフォンのタイプ 1位は?
マイボイスコムはワイヤレスイヤフォンに関する調査を実施した。よく利用しているイヤフォンは……。(2023/8/24)

Xiaomi、急速充電対応のワイヤレスイヤフォン「Redmi Buds 4 Active」1990円で発売
Xiaomiは、エントリーモデルのワイヤレスイヤフォン「Redmi Buds 4 Active」を発売。最大28時間の連続再生や急速充電も利用でき、Bluetooth 5.3の安定接続や低遅延モードにも対応する。(2023/8/21)

完全ワイヤレスイヤフォン2強の「AirPods Pro」「WF-1000XM5」、どちらを選ぶ? その違いを解説
今や群雄割拠となったワイヤレスイヤフォン。価格帯は数千円から数万円まで幅広く、また機能もさまざま。左右独立型の完全ワイヤレスイヤフォン2強の「AirPods Pro」「WF-1000XM5」の違いを整理してみた。(2023/8/19)

小寺信良のIT大作戦:
骨伝導じゃない「軟骨伝導」 耳をふさがないイヤフォンの新顔は、“寝ホン”にもピッタリだった
いわゆる「耳を塞がない系」のイヤホン・ヘッドホンが幅広い層に注目され始めたのは、コロナ禍が始まった2020年の夏以降ではなかったかと思う。骨伝導タイプなどさまざまな機種が登場したが、最近新たに登場し始めたのが「軟骨伝導」タイプである。一体どういうものなのか。(2023/8/11)

エレコム、USB Type-C接続のカナル型有線イヤフォン
エレコムは8月8日、USB Type-C接続の有線イヤフォン「EHP-DF10IM」「EHP-DF11CM」シリーズを発売した。価格は直販ECサイトで2479円(税込み)。コントローラーとマイクを搭載し、中音域を聞きやすい音質調整を行っているという。(2023/8/8)

英Nothing、新ブランド「CMF by Nothing」発表 “手頃な価格”のイヤフォンとスマートウォッチを投入予定
英Nothing Technologyは新たなブランド「CMF by Nothing」の立ち上げを発表した。同ブランドを冠した最初の製品はイヤフォンとスマートウォッチになる。どちらも2023年後半に市場へ投入される予定で詳細は今後数カ月以内に発表される見込みだ。(2023/8/4)

機内エンタメを無線イヤフォンで聴けるBluetoothオーディオトランスミッター/レシーバー エレコムから
エレコムは、Bluetooth機能のない機器の音を無線で飛ばせるBluetoothオーディオトランスミッター/レシーバーを発売。機内エンターテインメントやテレビの音を無線イヤフォンで聞くことができる。(2023/7/31)

「軟骨伝導」式イヤフォンが在宅ワークに適している理由 「cheero Otocarti LITE」を試した
cheeroの「Otocarti LITE」は「軟骨伝導」というあまり聞き慣れない方式を採用したイヤフォン。耳の穴をふさぐことなく、かつ耳に軽く触れているだけでよく、さらに最終的には鼓膜で音を聞くので、音に違和感も少ないとされています。(2023/7/26)

ソニーの完全無線イヤフォン「WF-1000XM5」9月1日発売 ノイキャン強化+小型軽量化で約4.2万円
ソニーが9月1日に完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM5」を発売する。市場想定価格は4万2000円(税込み)前後となっている。ノイズキャンセリング性能を強化しつつ、小型かつ軽量化を果たしたのが先代からの主な進化点だ。(2023/7/25)

ASMR専用、「周防パトラ」コラボの完全ワイヤレスイヤフォン、finalが再販
finalは18日、VTuberの周防パトラさんとコラボした完全ワイヤレスイヤフォン「COTSUBU for ASMR −Patra Edition−」を1000台限定で再販すると発表した。(2023/7/19)

ネックバンド型の軟骨伝導式ワイヤレスイヤフォン「cheero Otocarti LITE」発売
ティ・アール・エイは、ネックバンド型の軟骨伝導式ワイヤレスイヤフォン「cheero Otocarti LITE」を発売。価格は1万2980円(税込み、以下同)のところリリースを記念して300台限定9680円で販売する。(2023/7/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。