ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「イヤフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イヤフォン」に関する情報が集まったページです。

Samsung、「Galaxy Watch3」と無線イヤフォン「Galaxy Buds Live」も発表
Samsungはオンラインイベント「Galaxy Unpacked」で、Tizen OS搭載の新スマートウォッチ「Galaxy Watch3」と、無線イヤフォン「Galaxy Buds Live」を発表した。前者は約5万5300円、後者は約2万4800円。(2020/8/6)

Innovative Tech:
Google、イヤフォンケーブルでジェスチャー操作する「E-textile Microinteractions」開発
ケーブルに電導性の糸を編み込むことで、ケーブルを扱う動きをジェスチャーにする。(2020/8/5)

Google、同時通訳もする無線イヤフォン「Pixel Buds」を日本で8月20日発売
Googleが、米国では4月に発売した無線イヤフォン「Pixel Buds」を日本で8月20日に発売すると発表した。価格は2万800円(税込)。同時通訳機能も搭載する。(2020/8/4)

Googleの完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」がついに日本上陸 直販価格は2万800円(税込み)
日本でも発売が予定されていた「Pixel Buds」(第2世代)が、いよいよ8月20日に発売される。価格は税込みで2万800円だ。(2020/8/4)

「シンクロ開始します」 伊吹マヤがガイドするエヴァ完全ワイヤレスイヤフォン発売
映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」とコラボした完全ワイヤレスイヤフォンが登場。「初号機」「2号機」「Mark.06」をモチーフにした3モデル。(2020/7/28)

スマートウォッチ「OPPO Watch」とワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco W51/W11」が日本上陸
オッポジャパンが7月21日、スマートウォッチ「OPPO Watch」とワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco W51」「OPPO Enco W11」を発表した。OPPO Watchは8月7日15時に予約を開始し、8月下旬に発売する。価格(税込み)は2万5800円。OPPO Enco W51とOPPO Enco W11は8月上旬に発売する。価格はW51が1万5800円、W11が5800円。(2020/7/21)

Xiaomi、「Mi Smart Band 5」や完全ワイヤレスイヤフォンなどIoT新製品を発表
Xiaomiは7月15日、「Xiaomi Ecosystem Product Launch」を開催。ウェアラブル端末「Mi Smart Band 5」や完全ワイヤレスイヤフォン「Mi True Wireless Earphones 2 Basic」などを発表。日本での展開は未定。(2020/7/16)

1万9800円:
耳をふさがずに聴くことができる 骨伝導の完全ワイヤレスイヤフォン登場
デバイスメーカー「BoCo社」は、鼓膜を使わずに音を聴く、骨伝導イヤフォンを発売する。価格は1万9800円(税別)。(2020/7/12)

「Galaxy Buds+」のBTSコラボモデルが登場 8月中旬以降に発売
Galaxyは、7月9日に韓国の男性ヒップホップアイドルグループ「BTS」とコラボした完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds+ BTS Edition」の第2弾予約を開始。7月15日にスタートする「Galaxy Harajuku」のBTS特設コーナーでは実際に体感することもできる。(2020/7/9)

骨伝導の完全ワイヤレスイヤフォンが一般発売 耳の穴をふさがず音が聞こえる
完全ワイヤレスの骨伝導イヤフォンが一般発売される。価格は1万9800円(税別)。(2020/7/8)

無くしても追跡できる完全ワイヤレスイヤフォン 探し物トラッカー「Tile」の機能を搭載
Bluetoothトラッカー「Tile」を手掛ける米Tileは、米Skullcandyの完全ワイヤレスイヤフォンにTileの追跡機能が採用されたと発表した。イヤフォンの片方を見失ってもBluetoothなどを使って位置情報を追跡できる。(2020/7/2)

ゲオ、Lightning/USB Type-C対応インナーイヤー型有線イヤフォンを発売
ゲオストアは、6月18日にイヤフォンジャックを搭載しない端末でも使用できるインナーイヤー型有線イヤフォンを順次発売。LightningコネクタとUSB Type-Cを搭載したイヤフォン2種をゲオ限定で取り扱う。(2020/6/18)

Mobile Weekly Top10:
まだまだ主役は「LTEスマホ」/イヤフォンマイク端子が復活した「Xperia 1 II」
NTTドコモが、2020年夏商戦向けのLTEスマートフォンの販売予約を受け付け始めました。エリアに広がりがない現状を踏まえてか、5Gスマホが出てくる中でも熱視線を集めているようです。(2020/6/17)

cheero、ダンボーデザインのワイヤレスイヤフォン発売 「左右」文字入りバージョンも
cheeroは、Bluetooth 5.1を搭載したaptX・AAC対応のワイヤレスイヤフォン「cheero DANBOARD Wireless Earphones(CHE-627)」を発売。「左右」の文字入りバージョンもAmazonで先行販売する。(2020/6/12)

かわいいだけじゃなく高性能 ダンボーフェイスの収納ケース入りワイヤレスイヤフォンが発売決定
また自宅のダンボーグッズが増えてしまう。(2020/6/12)

上海問屋、重低音再生を重視したイヤフォンタイプのゲーミングヘッドセット
サードウェーブは、着脱式ブームマイクを装備したイヤフォン型ゲーミングヘッドセット「DN-915983」の取り扱いを開始した。(2020/6/8)

Jabraの完全ワイヤレスイヤフォン「Elite」シリーズからワイヤレス充電対応モデルが登場
GNオーディオジャパンは、ワイヤレス充電機能を搭載したJabraの完全ワイヤレスイヤフォン「Elite 75t ワイヤレスチャージモデル」「Elite Active 75t ワイヤレスチャージモデル」を7月10日に発売。6月19日には新色「ミント」「コーラル」も発売する。(2020/6/5)

音楽再生と充電が同時に行えるUSB Type-C対応アダプター ベルキンから
ベルキンは5月29日、USB Type-C対応端末用の二股分岐アダプター「CONNECT USB-Cオーディオ+充電アダプタ」を発売する。iPad ProやAndroidスマートフォンを充電しながら、有線ヘッドフォンやイヤフォンなどで音楽を楽しめる。想定価格は2980円(税別)で、全国の家電量販店やAmazon.co.jpなどが取り扱う(2020/5/14)

Microsoftが発表した6つのSurfaceブランド製品まとめ 日本でも5月と6月に発売
MicrosoftがSurfaceブランドのノートPCやイヤフォン、ヘッドフォンなどの新モデルを発表。新型コロナウイルスの影響で発表イベントは開催しなかったが、ほとんどの製品は5月あるいは6月に日本でも発売する。(2020/5/7)

サクッと読める!テレワークしぐさ:
テレワーク用にヘッドセットは買わなくてもいい “iPhoneのオマケ”が役に立つ
EarPods。そう、iPhoneに付属する有線イヤフォン。これが実はスグレモノのヘッドセットなのだ。(2020/5/1)

「予想を遥かに超える伸び……さすがです!」 声優・小岩井ことり参画のイヤフォン開発プロジェクト、出資額1億6600万円を超す
小岩井さんはイヤフォンの製品構成の提案から、サウンドのチューニング、デザイン策定まで幅広く関わっています。(2020/4/30)

Google、完全無線イヤフォン「Pixel Buds」を179ドル(約2万円)で発売
Googleが昨年10月に発表した完全無線イヤフォン「Pixel Buds」を米国で179ドル(約2万円)で発売した。日本を含む他の国では向こう数カ月中に発売する計画だ。バッテリー持続時間はAirPodsと同じ5時間/24時間で、リアルタイム翻訳機能を備える。(2020/4/28)

スマホと連携するスマート補聴器 位置情報や移動速度で音質を自動調整 BTイヤフォン機能も
Bluetoothによるスマホや周辺機器との連携、状況に応じた音質の自動変更、遠隔サポートによる音質調整などに対応する。(2020/4/22)

CIOの完全ワイヤレスイヤフォン「BT-EPA8」、4月21日まで3000円オフに
CIOは、4月17日からBluetooth5.1を搭載した完全ワイヤレスイヤフォン「BT-EPA8」の期間限定セールを開催。クーポンコードの使用で、4月21日まで3000円オフとなる。(2020/4/17)

Razer、ポケモンのモンスターボール型充電ケース入り無線イヤフォンを中国で発売
Razerが、ポケモンの「モンスターボール」型充電ケース入り無線イヤフォンを中国で発売する。価格は999元(約1万5000円)。本体は「Razer Hammerhead True Wireless Earbuds」だがピカチュウ色で、ピカチュウの後ろ姿が刻印されている。(2020/4/14)

AUKEY、完全ワイヤレスイヤフォン「AUKEY EP-T21」を30%オフの約2500円に
AUKEYは、完全ワイヤレスイヤフォン「AUKEY EP-T21」の30%オフセールをAmazonで開催。クーポンコードを利用すると、600台まで2519円(税込み)で購入できる。期間は4月8日〜4月12日。(2020/4/8)

Androidスマホとワンタップでペアリング、Fast Pair対応の完全ワイヤレスイヤフォンをエレコムが発売
エレコムがGoogleのFast Pairに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「LBT-TWS05」を発売する。イヤフォンを近づけるだけでAndroid端末の画面に通知が表示され、タップするとペアリングが完了する。(2020/4/7)

「顔と同じくらい」 巨大イヤフォン型スピーカーのクラウドファンディング開始 こだわりのテトラポッド型スピーカーも
エレコムがユニークなスピーカーのクラウドファンディングを始めた。巨大なイヤフォン型デスクトップスピーカーと、「テトラポッド」を忠実に再現したBluetoothスピーカーだ。(2020/4/1)

キングジム、シニア向けブランド「arema」立ち上げ 一工夫した「自分まとめファイル」、イヤフォンに見える集音器など 「暮らしに“あれま”の驚きを」
キングジムがシニア向けブランド「arema」を立ち上げた。重要な書類などをまとめて保管できる「自分まとめファイル」とイヤフォンにしか見えない集音器を4月から順次発売する。(2020/3/26)

Beats by Dr. Dre、ワイヤレスイヤフォン「Powerbeats」を発表
画像流出、フライング販売、そしてようやく正式発売された。(2020/3/17)

うわさの「AirPods Pro Lite」 どんなイヤフォンなのか予想してみた
アップルが近く新しい完全ワイヤレスイヤフォンの発売を計画していると海外メディアなどが報じています。製品名は「AirPods Pro Lite」…かどうかは分かりませんが、「AirPods Pro」の弟分ができるとしたら、どのようなイヤフォンになるのでしょうか。(2020/3/14)

「凛として時雨」のピエール中野氏がチューニングを手掛けたイヤフォン「有線ピヤホン」、税込1700円で発売
Hi-Unitブランドから有線イヤフォン「HSE-A1000PN」が登場。ロックバンド「凛として時雨」のドラマー、ピエール中野氏がチューニングを手掛け、開発中からネット上で話題になっていた通称「有線ピヤホン」だ。(2020/2/27)

パナソニック、テクニクスブランドからも完全ワイヤレスイヤフォン グラフェンコート振動板の大口径ドライバーで
パナソニックは、テクニクスブランドの完全ワイヤレスイヤフォン「EAH-AZ70W」を発表した。ノイズキャンセリング機能などにパナソニックブランドの「RZ-S50W」と共通の技術を用いながら音響面で差別化した。(2020/2/26)

パナソニック初の完全ワイヤレスイヤフォン ノイズキャンセルはデジタルとアナログのハイブリッド処理
パナソニックが同社初の完全ワイヤレスイヤフォン「RZ-S50W」を4月に発売する。アクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、飛行機や電車に乗っていても「静寂の中で音楽を聞ける」という。(2020/2/26)

5G対応の「Xperia 1 II」登場 20コマ/秒の高速撮影が可能、イヤフォンジャック復活も
ソニーモバイルがXperiaシリーズの新モデル「Xperia 1 II」を発表。2020年春以降、日本を含む世界各国で発売される予定。5G通信に対応し、カメラも強化。イヤフォンジャックやワイヤレス充電が復活した。(2020/2/24)

有線・無線が切り替えられるゲーマー向けイヤフォンがクラウドファンディングで人気 声優・小岩井ことりさんが開発に参加
完全ワイヤレスイヤフォンとして日常使いしつつ、音ゲー時には有線イヤフォンとして使える2Way仕様。(2020/2/23)

ドンキ、税別5980円の骨伝導ワイヤレスイヤフォン発売へ 「品質・機能・デザイン性にこだわった」
ドンキが税別5980円の骨伝導ワイヤレスイヤフォン「JOGBONE」を発表。発売日は2月21日で、全国のドン・キホーテ系列店舗で取り扱う。「品質・機能・デザイン性にこだわりながら、お求めやすい価格で提供する」としている。(2020/2/19)

サムスンの完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds+」、日本で3月12日発売
サムスン電子は、3月12日に完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds+」を発売。本体単体で最大11時間、充電ケースの併用で最大22時間の連続音楽再生が可能となる。2wayダイナミックスピーカーを採用し、ワイヤレス充電も対応する。(2020/2/18)

完全ワイヤレスイヤフォンはイヤーピース選びが難しい 「AirPods Pro」は独自構造
カナル型の完全ワイヤレスイヤフォンが増えている一方、汎用的なイヤーピースが使えない製品も。まだ自由に選べる状況にはないようです。(2020/2/13)

Samsung、11時間音楽再生のワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+」を149ドルで発売へ
Samsungが第2世代のワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds+」を149ドル(約1万6000円)で発売する。バッテリー持続時間が先代の約2倍(1回の充電で11時間、充電ケースに入れれば22時間)になった。Spotifyとの提携で長押しでSpotifyのプレイリストの再生が可能。(2020/2/12)

GLIDiCの完全ワイヤレスイヤフォン「Sound Air TW-6000」、SB C&Sが発売
SB C&Sは、2月14日にオーディオブランド「GLIDiC」の完全ワイヤレスイヤフォン「Sound Air TW-6000」を発売する。イヤフォン本体から充電ケースまでコンパクトに仕上げ、フル充電時は最大7時間の連続再生を可能とする。(2020/2/7)

完全無線イヤフォン「Zeeny」発売 通知読み上げやワイヤレス充電もできて4000円
ネインが、スマートフォンに届いた通知の音声読み上げに対応する完全ワイヤレスイヤホンを発売。直販価格は4000円(税別)で、Zeeny公式オンラインストアやAmazon.co.jpで販売される。(2020/1/28)

ワイヤレスイヤフォン選びに役立つ「スペック表」の読み方
ワイヤレスイヤフォンを選ぶときは、スペック表を見て、Bluetoothの「プロファイル」や「コーデック」の欄をチェック。製品の位置付けや性格が見えてきます。(2020/1/28)

CES 2020:
ソニーが8Kテレビを日本でも発売へ 完全ワイヤレスイヤフォンへの投資も強化
ソニーは、好調のテレビ事業で引き続きプレミアム路線に注力しつつ、「莫大な伸びを示している」という完全ワイヤレスイヤフォンへの投資を強化する。「CES 2020」で、ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ社長の高木一郎氏が取材に応じた。(2020/1/21)

AirPods Proも搭載した「外音取り込み」、どんな時に役立つ?
マイクで外の環境音を取り込む「外音取り込み機能」を搭載したイヤフォンやヘッドフォンが増えています。ノイズキャンセリング機能まで使って外部ノイズを排除しているのに、わざわざ外音を取り込むのはなぜでしょう?(2020/1/7)

CES 2020:
“シュア掛け”する完全ワイヤレスイヤフォン、ShureがCESで発表
米Shureが「CES 2020」に先駆け、完全ワイヤレスイヤフォン「AONIC 215」とノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドフォン「AONIC 50」を発表した。(2020/1/6)

2019年の生活を変えたモノ:ワイヤレスイヤフォンでYouTube Premium、これで“就寝前の楽しみ”が変わった
2019年は、音楽をそれほど聴かない私でもワイヤレスイヤフォンが身近になった1年でした。2019年はスマホメーカーが積極的にイヤフォンを投入していました。私が愛用しているのはSamsungの「Galaxy Buds」。これは、就寝前の楽しみであるYouTubeを利用する際に使っています。(2019/12/25)

iPhone 2020の同梱イヤフォンはEarPodsかAirPodsを選択可能? AirPods販売台数は前年の倍増か
有線と無線、どちらかを選べるようになると、AirPodsの販売台数は一気に倍増する?(2019/12/23)

AirPod Proでも話題の「アクティブ・ノイズキャンセリング」、効き過ぎるとストレスに その仕組みと製品を選ぶ時の注意点
アップル「AirPods Pro」のヒットで注目された「アクティブ・ノイズキャンセリング」機能。その仕組みと対応するイヤフォンを選ぶ際の注意点をまとめました。(2019/12/22)

ポタフェス 秋/冬 2019 東京:
装着感高めた完全ワイヤレスイヤフォンが登場 初代ウォークマンに似合いのワイヤレスヘッドフォンも
オレンジのスポンジが特徴の、あの初代ウォークマン付属ヘッドフォンに似た製品がワイヤレスで。(2019/12/18)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。